ユーザー レポート: アプリの使用状況

ユーザーのアプリの使用状況を確認する

管理者は、ユーザーが Google Workspace アプリをどのように使用しているかを、アプリの使用状況レポートで詳しく確認することができます。[ユーザー レポート] の [アプリの使用状況] に、以下のようなユーザー アクティビティについての詳細が記録されています。

  • ある特定の期間に送信されたメールの件数。
  • ユーザーが作成、共有したファイルの数。
  • ドライブの空き容量が少なくなっているユーザー。
  • さまざまな種類のデバイスからの検索クエリの数。

ステップ 1: アプリの使用状況レポートを開く

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [レポート] 次に [レポート] 次に [ユーザー レポート] 次に [アプリの使用状況] にアクセスします。

ステップ 2: データを確認する

アプリの使用状況レポートは、次のユーザーデータに基づいて作成されます。

注: Google Workspace のエディションによっては、アクセスできないレポートもあります。

すべて開く  |  すべて閉じる

全般

: 完全に削除されたデータ(Vault で保持されているデータを含む)は、保存容量を消費しません。

レポートの列 説明
Gmail の使用容量(MB) ユーザーが Gmail データで使用しているメガバイト単位の保存容量。
ドライブの使用容量(MB) ユーザーがドライブのデータで使用しているメガバイト単位の保存容量。
フォトの使用容量(MB) ユーザーが写真で使用しているメガバイト単位の保存容量。
合計使用容量(MB) ユーザーが使用しているメガバイト単位の保存容量。
使用容量(%) 利用可能な保存容量のうち、ユーザーが使用している割合。
Gmail
レポートの列 説明
合計メール件数 ユーザーが送受信した Gmail のメールの合計数。Gmail の SMTP サーバーを使用してサードパーティ製の SMTP クライアントで送受信したメールを含みます。
受信済みメール数 ユーザーが受信した Gmail のメールの合計数。Gmail の SMTP サーバーを使用してサードパーティ製の SMTP クライアントで受信したメールを含みます。
送信済みメール ユーザーが送信した Gmail のメールの合計数。Gmail の SMTP サーバーを使用してサードパーティ製の SMTP クライアントで送信したメールを含みます。
Gmail(IMAP)- 最終使用時刻 ユーザーが最後に IMAP(Internet Message Access Protocol)アクセスで Gmail を使用した時刻。
Gmail(POP)- 最終使用時刻 ユーザーが最後に POP(Post Office Protocol)アクセスで Gmail を使用した時刻。
Gmail(ウェブ)- 最終使用時刻 ユーザーが最後にウェブ上の Gmail を使用した時刻。このタイムスタンプは、[最終ログイン] のタイムスタンプとは同期されません。
Currents
レポートの列 説明
投稿数 ユーザーが作成した投稿の数。
投稿が削除されても、この数が減ることはありません。
コメント数 ユーザーが作成したコメントの数。
コメントが削除されても、この数が減ることはありません。
受け取ったコメントの数 ユーザーのコンテンツに対して、他のユーザーが作成したコメントの数。
コメントが削除されても、この数が減ることはありません。
+1 の数 ユーザーが高評価ボタンを押した回数。
評価が削除されても、この数が減ることはありません。
受け取った +1 の数 このユーザーのコンテンツに対して、他のユーザーが高評価ボタンを押した回数。
評価が削除されても、この数が減ることはありません。
再共有数 ユーザーが再共有した数。
投稿が削除されても、この数が減ることはありません。
再共有された数 ユーザーのコンテンツを他のユーザーが再共有した数。
投稿が削除されても、この数が減ることはありません。
ドライブ

: 共有ドライブで行われた変更は、ドライブのユーザー レポートには含まれません。

レポートの列 説明

ドライブ - 最終オンライン時刻

 
月全体でのアクティブ ユーザー数(累積的に表示)。ユーザーリストの [ドライブ - 最終オンライン時刻] 列には、ユーザーが最後にドライブにアクセスした時刻が表示されます。
追加されたファイルの数 ユーザーが追加したドライブ ファイルの数。ファイルの作成、アップロード、オーナー権限の譲渡、ゴミ箱からの復元による追加が含まれます。

注: 同じファイルに対して複数の操作があっても、カウントは増えません。

編集されたファイルの数 ユーザーが編集したドライブ ファイルの数。
閲覧されたファイルの数 ユーザーが閲覧したドライブ ファイルの数。
追加された Google フォームの数 ドライブに追加されたフォームの数。
追加された Google スライドの数 ドライブに追加されたプレゼンテーションの数。
追加された Google スプレッドシートの数 ドライブに追加されたスプレッドシートの数。
追加された Google 図形描画の数 追加された Google 図形描画ファイルの数。
追加された Google ドキュメントの数 ドライブに追加されたテキスト ドキュメントの数。
追加されたその他の種類の数 ユーザーが追加した Google 以外のファイルの数。
Classroom
レポートの列 説明
Classroom - 前回の使用 ユーザーが最後に Classroom を使用した日時。
作成されたクラス数 作成されたクラスの数。
投稿作成数 教師と生徒が作成した投稿の合計数。
Cloud Search

注: アプリの使用状況レポートの Cloud Search の列には、ドメイン内の検索クエリの数が表示されます。

レポートの列 説明
検索クエリ数 Cloud Search での検索クエリの合計数。
ウェブからの検索クエリ数 パソコンやモバイル デバイスなどのウェブブラウザから入力された検索クエリの合計数。
Android からの検索クエリ数 Android アプリから送信された検索クエリの合計数。
iOS からの検索クエリ数 iPhone または iPad のモバイルアプリから送信された検索クエリの合計数。

ステップ 3: レポートのデータをカスタマイズする

  1. 上記の手順でレポートを開きます。
  2. 設定アイコン "" をクリックします。
  3. (省略可)グラフに列を追加するには、[新しい列を追加] の横にある下矢印アイコン "" をクリックし、リストからオプションを選択します。
  4. (省略可)グラフからアイテムを削除するには、そのアイテムの横にある削除アイコン "" をクリックします。
  5. (省略可)列を並べ替えるには、アイテムを新しい位置にドラッグ&ドロップします。
  6. [保存] をクリックします。

ステップ 4: データをフィルタしてレポートを書き出す

すべて開く  |  すべて閉じる

ユーザーまたはアクティビティでフィルタする

レポートデータを、ユーザーや特定のイベントに絞り込んで表示することができます。たとえば、2 段階認証プロセスを使用しているすべてのユーザーや、多数の外部リンクを共有しているユーザーをリストアップするフィルタを作成できます。

  1. 上のステップ 1 の手順でレポートを開きます。
  2. レポートの上部にある [フィルタを追加] をクリックします。
  3. フィルタの条件を選択して入力し、必要に応じて [適用] をクリックします。

    たとえば、[イベント名] でイベントを選択すると、そのイベントが発生するたびに記録されたログエントリを確認できます。

組織部門でフィルタする

組織部門でフィルタして、ドメイン内の組織部門間の統計情報を比較することができます。

  1. 上のステップ 1 の手順でレポートを開きます。
  2. レポートの上部にある [組織部門] をクリック 次に リストから組織部門を選択します。
  3. [適用] をクリックします。

古いデータを検索する場合でも、フィルタできるのは現在の組織階層のみです。また、2018 年 12 月 20 日より前のデータは、フィルタ後の結果に表示されません。

グループでフィルタする

レポートデータをグループでフィルタすることもできます。監査ログデータをグループでフィルタする前に、そのグループをフィルタ グループに追加する必要があります。

手順 1: フィルタ グループにグループを追加する

  1. 上のステップ 1 の手順でレポートを開きます。
  2. レポートの上部にある [グループのフィルタ ""] をクリックします。
  3. [フィルタ グループ] をクリックします。
    [フィルタ グループ] ページが表示されます。
  4. [グループの追加] をクリックします。
  5. グループのリストから選択するか、テキストを入力してグループ名を検索します。
  6. [追加] 次に [保存] をクリックします。
    注: フィルタ グループにグループを追加した後、変更が反映されるまでには最長で 24 時間ほどかかる場合があります。

手順 2: グループで監査ログをフィルタする

  1. 上のステップ 1 の手順でレポートを開きます。
  2. レポートの上部にある [グループのフィルタ ""] をクリックします。
  3. 組織部門を選択し、[適用] をクリックします。
特定の日付のデータを表示する
[日付で表示] をクリックし、日付セレクタで日付を選択すると、その日のデータが表示されます。あるいは、各アプリケーションの最新のデータを表示することもできます。多くの指標は過去 6 か月分が表示されますが、一部の指標はそれより短い期間のもののみ表示されます。
レポートデータを書き出す

レポートデータは、Google スプレッドシートに書き出したり、CSV ファイル形式でダウンロードしたりできます。

  1. 上のステップ 1 の手順でレポートを開きます。
  2. (省略可)上のステップ 3 の手順で、書き出すデータを変更します。
  3. レポートのダウンロード アイコン "" をクリックします。
  4. レポートに含める列とレポートの形式を選択します。
  5. [ダウンロード] をクリックします。

書き出しの最大セル数は 210,000 個です。最大行数は、選択している列の数によって変わります。

表示されているデータの対象期間

レポートに表示されるデータは、現在までのすべてのデータではなく、グラフのタイトル欄の下に記載されている日付までのデータです。グラフの下の表には、1 日分(グラフに表示されている最新の日付分)のデータが表示されます。

列名の横にアスタリスク(*)が表示されている場合、その特定の列のデータが他の列のデータと比べて古くなっている可能性があることを示しています。

データを確認できるようになるまでの時間とデータの保持期間については、データの保持期間とタイムラグをご覧ください。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false
false