検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

SPF

複数の SPF レコード

複数の SPF レコードを作成すると、配信や迷惑メールの分類に関する問題が発生することがあるため、おすすめしません。RFC の仕様によると、ドメイン名に複数のレコードを作成することはできません。複数のレコードを作成すると、認証チェックにより複数のレコードが選択されます。

ドメインで複数のメールサーバーを認証する必要がある場合は、複数のレコードを作成するのではなく、既存の SPF レコードを更新することをおすすめします。

v=spf1 ip4:83.206.106.17 ~all
v=spf1 include:_spf.google.com ~all

このテキストの場合は複数のレコードがあるため、SPF チェックが失敗します。代わりに、~all 引数の前に ip4:addressip6:address の形式を使用して次のようにメールサーバーの IP アドレスを追加して、既存の SPF レコードにサーバーを追加します。

v=spf1 ip4:83.206.106.17 include:_spf.google.com ~all

SPF の形式について詳しくは、Sender Policy Framework をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。