Gmail のメールを別のユーザーに転送する

この記事は Google Workspace 管理者を対象としています。

個人の Gmail アカウントや Google Workspace の Gmail アカウントのメールを転送するには、Gmail のメールを別のアカウントに自動転送するをご確認ください。Google Workspace のアカウントでは、管理者が Gmail のメールを転送できるようにする設定を有効にする必要があります。

受信メールを他のユーザーに自動転送する必要がある場合もあります。Google 管理コンソールで、組織内の特定のユーザーに対してメール転送を設定できます。必要に応じて、組織内のユーザーが自分の Gmail アカウントに対して転送を設定できるようにすることも可能です。

メール転送とメール リダイレクトは若干異なりますが、これらの用語が同じ意味で使用されることもあります。詳しくは、転送とリダイレクトの違いをご覧ください。

転送に代わる方法: メール エイリアスとメールの委任

Google Workspace には転送に加えてメールを使用してコラボレーションする方法がいくつか用意されています。組織でのメールの使い方によっては、次の方法が適している可能性があります。

メール エイリアス: エイリアスは「予備のメールアドレス」とも呼ばれ、ユーザーのメインのメールアドレスに追加するメールアドレスです。エイリアスに送信されたメールは、ユーザーのメインのメール アカウントに自動的に送信されます。エイリアスは 1 人のユーザーにのみ割り当てることができます。詳しくは、予備のメールアドレスを追加するをご覧ください。

メールの委任: メールの委任機能を使用すると、他のユーザーに自分の Gmail アカウントへのアクセスを許可することができます。アクセス権を委任されたユーザーは、委任されたアカウントのメールを閲覧、送信、削除できます。たとえば、アクセス権を委任された役員補佐は、補佐する役員のメールを閲覧、送信、受信できます。詳しくは、ユーザーが自分の Gmail アカウントへのアクセスを委任できるようにするをご覧ください。

転送オプション

以下に、Gmail の一般的な転送シナリオと、Google Workspace での設定方法を示します。

転送動作 設定者 説明 移動先
新しい受信者にメールをリダイレクトする 管理コンソール メールが元の受信者ではなく別のアカウントまたは受信者に送信されるようにリダイレクトします。たとえば、退職したユーザー宛のメールを、別のユーザーまたはこの目的のために設定したアカウントに送信できます。 アドレスマップを使用してメールを転送する
追加の受信者と元の受信者にメールを送信する 管理コンソール

元の受信者だけでなく、指定した新しい受信者にもメールを送信します。たとえば、休暇中のユーザー宛のメールを、そのユーザー(仕事に復帰したときにメールを受け取れるようにするため)と、休暇中にそのユーザーの仕事を担っているユーザーに送信します。

アドレスマップを使用してメールを転送する
Gmail を自分の別のアカウントに自動転送する 管理者と Gmail ユーザー

組織内のユーザーは、Gmail のメールを組織内の別のアカウントや個人のメール アカウントに転送できます。すべてのメールを転送することも、Gmail フィルタを使用して特定のメールだけを転送することもできます。管理者は、ユーザーの権限を割り当てることができます。管理コンソールの [ユーザーに別のアドレスへのメールの自動転送を許可する] 設定を使用します。

Gmail の自動転送でメールを転送する

アドレスマップを使用してメールを転送する

管理者は、受信メールを他のユーザーやアカウントにリダイレクトするようにアドレスマップを設定できます。また、必要に応じて、リダイレクトされたメールを元の受信者にも送信できます。

動画: アドレスマップによる転送ガイド

 以下の動画では、アドレスマップを使用した転送の概要を説明しています。

Forward messages with address maps

メールの送信方法によっては、ドメインの受信者アドレスの上限が引き下げられる場合があります。これにより、アドレスマップの受信者数の上限に影響が出る可能性があります。Gmail へのメール送信に関するベスト プラクティスの適用をおすすめします。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gmail] 次に [ルーティング] にアクセスします。
  3. 左側で最上位の組織部門を選択します。
  4. [受信者アドレスマップを使用したメール転送] までスクロールし、[設定] または [別のルールを追加] をクリックします。
  5. [設定追加] ボックスで次の操作を行います。

    設定オプション 手順
    名前

    アドレスマップのわかりやすい名前を入力します。この名前は、[受信者アドレスマップを使用したメール転送] テーブルに表示されます。

    メールを転送するには、元の宛先を新しい宛先にマッピングしてください

    この設定で追加されたアドレスに送信されたメールは、元の送信者から直接送信されたように見えます。リダイレクトされたメッセージの [To:] のアドレスには、元の受信者のアドレスのみが含まれます。

    一度に 1 つのアドレスマップを追加するには:

    1. [Add(追加)] をクリックします。
    2. [アドレス] 欄に元の受信者のメールアドレスを入力します。
    3. [マッピング先のアドレス] 欄にマッピング先のアドレスを入力します。
    4. 手順 a ~ d を繰り返して、すべてのアドレスを追加します。1 つのアドレスマップに、最大 5,000 件の受信者アドレスを含めることができます。

    一度に複数のアドレスマップを追加するには:

    1. [一括追加] をクリックします。
    2. 元のメールアドレスに続けてカンマを入力し、新しい受信者アドレスを入力します。
    3. Return キーまたは Enter キーで、新しい行を追加します。
    4. 手順 a ~ c を繰り返して、すべてのアドレスを追加します。1 つのアドレスマップに、最大 5,000 件の受信者アドレスを含めることができます。
    5. 一括追加ボックスの下部にある [エイリアスを追加] をクリックします。
    6. [Add(追加)] をクリックします。
    対象となるメール

    次のいずれかの操作を行います。

    • すべての受信メール: ドメインで受信したすべてのメール(ドメイン内から送信されたメールも含む)に転送設定を適用します。
    • 外部から受信するメールのみ: ドメイン外の送信者からのメールにのみ転送設定を適用します。
    ルーティング オプション (省略可)新しい受信者に加えて元の受信者にもメールを送信するには、[元の宛先にもルーティングする] チェックボックスをオンにします。
    オプション (省略可)元の受信者の情報をメッセージ ヘッダーに保持するには、[X-Gm-Original-To ヘッダーを追加] チェックボックスをオンにします。メッセージ ヘッダーに基づいてメールを管理している場合は、この方法をお試しください。メッセージ ヘッダー情報は、メール配信のトラブルシューティングにも役立ちます。
  6. [設定を追加] ボックスの下部にある [保存] をクリックします。 

    [受信者アドレスマップを使用したメール転送] 設定テーブルに新しい行が追加されます。各行は 1 つのアドレスマップを表します。

変更には最長で 24 時間かかることがありますが、通常はこれより短い時間で完了します。詳細

Gmail の自動転送でメールを転送する

組織内のユーザーが、受信メールを個人のメール アカウントなどの別のメール アカウントに転送したい場合もあります。これを行うには、Google 管理コンソールで自動転送がオンになっていることを確認します。

組織内のユーザーによって転送されたメールを確認するには、メールログ検索を使用します。

注: 転送されたメールは Gmail アカウントを経由するため、この転送オプションを使用するには、ユーザーが Google Workspace ライセンスを持っている必要があります。

ステップ 1: 管理者が組織の自動転送を有効にする

管理者は、組織内のユーザーが各自の Gmail アカウントで転送を設定できるように選択できます。このオプションは Google 管理コンソールでオンとオフを切り替えることができます。この設定はデフォルトでオンになっています。この設定がオフの場合、転送オプションは Gmail 設定では使用できません。組織で転送がオンになっていることを確認します

ステップ 2: Gmail ユーザーが Gmail アカウントで自動転送を設定する

自動転送を有効にすると、組織内のユーザーは各自の Gmail の設定で Gmail アカウントの転送を設定できます。 このメソッドを使用して、ユーザーがメッセージの転送先を制御、変更できます。ユーザーが設定できる転送先アドレスは 1 つだけです。

特定の種類のメールのみを転送するには、ユーザーが Gmail アカウントにフィルタを作成します。他のアドレスへ転送するフィルタは 20 個まで作成できます。

関連トピック

ユーザーが自分の Gmail アカウントへのアクセスを委任できるようにする

予備のメールアドレス(メール エイリアス)を追加または削除する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73010