iOS デバイスで Google 管理コンソール アプリを設定して開く

Google 管理コンソール アプリは、現在のところ特権管理者にのみご利用いただけます。

Apple® iOS® デバイスで Google 管理コンソール アプリを使用するには、特権管理者アカウントが必要です。

アプリを設定する

  1. セキュリティのために、デバイスでロック画面 PIN を設定します(推奨)。
  2. Apple® iTunes® から Google 管理コンソール アプリをインストールします。

特権管理者アカウントでアプリを開く

  1. Google 管理コンソール アプリ Google Admin を開きます。
  2. [ログイン] ボタンがあればタップします。
  3. 特権管理者アカウントのメールアドレスを入力して [次へ] をタップします。
  4. 特権管理者アカウントのパスワードを入力して [次へ] をタップします。
  5. エラー メッセージが表示される場合は、特権管理者アカウントに切り替える必要があります。
    • メニュー アイコン メニュー をタップします。
    • ユーザー名の横にある下矢印アイコン 下矢印 をタップして特権管理者アカウントを選択します。

注: 一度 Google 管理コンソール アプリを設定して起動するとパスワードが記憶されるので、アプリを開くたびに入力する必要はありません。次にアプリを開くと、パスワードの入力を毎回必須とするように設定を変更するかどうか確認するメッセージが表示されます。[次回から入力を省略] オプションをオンにしておけば、パスワードの入力を求めるメッセージは表示されなくなります。このオプションはパスワードの設定からいつでも変更できます。

エラーが表示される場合

ログインしようとしたときに「十分な権限がありません」などのエラー メッセージが表示される場合は、特権管理者アカウントでログインする必要があります。

ユーザー補助機能

Google 管理コンソール アプリは VoiceOver(iOS のスクリーン リーダー)に対応しています。VoiceOver や他の iOS のユーザー補助機能(アクセシビリティ機能)について詳しくは、Apple のサポートサイトをご覧ください。Google サービスのユーザー補助機能については、以下の記事をご覧ください。

Google サービスのユーザー補助機能に関する問題をご報告いただく際は、ユーザー補助機能のフィードバック フォームをご利用ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。