ユーザー間でアカウントを共有しない

Google Workspace アカウントは、1 人のユーザーによる使用を想定して設計されています。組織内の複数のユーザーがユーザー名とパスワードを共有して同じ Google Workspace アカウントに頻繁にアクセスすると、以下の問題が発生することがあります。

組織内のユーザーが 1 つの受信トレイを共有する必要がある場合、または他のユーザーのアカウントを管理する必要がある場合は、以下のいずれかでご対応いただくことをおすすめします。

共同トレイを使用してメールアドレスを共有する

複数のユーザーが 1 つのアドレスを使用してメールを管理できるようにするには、グループを作成し、そのグループを共同トレイとして使用します。適切な権限を持つグループ メンバーは、互いに会話を割り当てて管理できます。メンバーは各自のアカウントを使用して、自分のメールアドレスの代わりにグループのメールアドレスでメールを表示、検索、送信したり、メールに返信したりできます。

詳細: グループを共同トレイにする

メールの委任を設定する

ユーザーは、個人またはグループを委任者として追加して、自分の Gmail アカウントへのアクセスを許可することができます。委任されたユーザーまたはグループのメンバーは、アカウント所有者のメールを閲覧、送信、削除することができます。

Google Workspaceを CRM システムとして使用する

お客様やユーザーとのやり取りを管理するためなどに Google Workspace を CRM システムとして使用する際は、Google Workspace Marketplace のサードパーティ製ソリューションを使用してください。

CRM 内で Gmail からサポートケースを開く方法については、メールをサードパーティ CRM に転送するをご確認ください。

関連情報

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false