管理者の役割について

他のユーザーに管理者の役割を割り当てることで、Google Cloud アカウントの管理業務を分担することができます。役割を割り当てられたユーザーは Google 管理コンソールにアクセスできるようになります。管理コンソールのすべての操作を行える特権管理者を指定することもできます。または、行える操作を限定した役割を割り当てて、たとえばグループの作成、サービス設定の管理、ユーザーのパスワードの再設定のみを行えるようにすることもできます。

管理者の役割を利用するには:

  • 既定の役割を確認する
    すぐに利用できるように、ユーザー管理の役割、グループに関する役割、サービスに関する役割など、一般的な職務用の管理者の役割が用意されています。
  • 独自の管理者の役割を作成する
    既定の役割がニーズを満たしていない場合は、独自の役割を作成できます。既定の役割で使用されている一連の権限から必要な権限を選択して、役割を作成します。権限を自由に組み合わせることができます。
  • ユーザーに役割を割り当てる
    目的に合った管理者の役割をユーザーに割り当てます。ユーザー管理の役割の場合は、必要に応じて管理対象の組織部門を割り当てます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。