Outlook と Exchange を Google Workspace に統合する

組織が Google Workspace に移行した後も Microsoft Outlook または Microsoft Exchange を使用し続けたい場合、これらのサービスを統合することができます。

Outlook を Google Workspace と併用する

すべて開く   |   すべて閉じる

Outlook を使用してGoogle Workspace のメール、カレンダー、連絡先を管理する

Google Workspace Sync for Microsoft Outlook(GWSMO)を使用すると、ユーザーが Google Workspace のメール、カレンダーの予定、連絡先、メモ、タスクを Outlook で管理できるようになります。詳しくは、Google Workspace Sync for Microsoft Outlook についてをご覧ください。

Outlook で Gmail のメールを読む

ユーザーは、IMAP プロトコルを使用して Outlook で Gmail のメールにアクセスすることができます。詳しくは、サードパーティ製のメール クライアントで Gmail を設定するをご覧ください。

Exchange を Google Workspace と併用する

Exchange の予定表を Google Workspace で利用する

組織内のユーザーが Exchange の予定表を使い続けることを希望している場合、カレンダーの相互運用機能を使用することで、会議と予定を Exchange で管理できるようになります。カレンダーの相互運用により Google カレンダーと Exchange ですべてのユーザーの予定の有無情報が同期されるので、お互いのスケジュールの空き状況を確認することができます。Google カレンダーのユーザーは、会議の予定を立てるときに、Exchange のカレンダー リソース(会議室など)を予約することも可能です。

詳しくは、カレンダーの相互運用についてをご覧ください。

二重配信を使用して 2 つの受信トレイでメールを受信する

二重配信を設定すると、ユーザーは 2 つの受信トレイでメールを受信することができます。たとえば、Exchange の受信トレイと Gmail の受信トレイの 2 か所にメールが配信されるように設定しておけば、すべてのユーザーとデータを Google Workspace に移行する前に Gmail を試しておくことができます。

詳しくは、Google Workspace でのメールのルーティングと配信のオプションをご覧ください。

すべてのユーザーとデータを Google Workspace に移行する

Google Workspace への完全移行に関心をお持ちの場合は、Google のいずれかの移行サービスを使用してメール、カレンダー、連絡先データを移行することをご検討ください。詳しくは、組織のデータを Google Workspace に移行するまたは Google Workspace 移行サービスの一覧をご覧ください。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false