Outlook と Exchange の G Suite との統合

G Suite に移行した組織で Microsoft® Outlook® や Exchange を使い続けるには、サービスを統合します。

Outlook を G Suite と併用する

Outlook を使用して G Suite のメール、カレンダー、連絡先を管理する

G Suite Sync for Microsoft Outlook(GSSMO)を使用すると、ユーザーが Outlook で G Suite のメール、カレンダー、連絡先を管理できるようになります。詳しくは、GSSMO とはをご覧ください。

Outlook で Gmail のメールを読む

ユーザーは、IMAP プロトコルを使用して、Outlook で Gmail のメールにアクセスすることができます。詳しくは、IMAP を使用して他のメール クライアントで Gmail のメールを読むをご覧ください。

Exchange を G Suite と併用する

Exchange カレンダーを G Suite と併用する

Exchange カレンダーを引き続き使いたい場合は、カレンダーの相互運用を使用することで、Exchange で会議や予定を管理できます。カレンダーの相互運用では、Google カレンダーと Exchange のユーザーの予定の有無の情報が同期されるので、すべてのユーザーが相互にスケジュールを確認できます。

詳しくは、カレンダーの相互運用の使用をご覧ください。

二重配信を使用して 2 つの受信トレイでメールを受信する

二重配信を設定すると、ユーザーは 2 つの受信トレイでメールを受信します。たとえば、Exchange の受信トレイと Gmail の受信トレイの 2 か所にメールが配信されるように設定すれば、組織内のすべてのユーザーとデータを G Suite に移行する前に、Gmail を試すことができます。詳しくは、メールのルーティングと配信をご覧ください。

すべてのユーザーとデータを G Suite に移行する

G Suite に完全に移行する場合は、Google の移行ツールを使用してメール、連絡先、カレンダー データを移行してください。詳しくは、最も適したデータ移行方法をご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。