検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

ユーザーを個別に追加する

チームのメンバーが Google Cloud や Google for Education にログインしてサービスを利用するには、ユーザー アカウントが必要です。ユーザー アカウントを追加するには、Google 管理コンソールで個別に追加するのが最も簡単です。アカウントの作成方法の詳細については、ユーザーの追加方法をご覧ください。

動画を見る(英語のみ)

ユーザー アカウントを追加する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのダッシュボードから [ユーザー] にアクセスします。
  3. ユーザーを追加する組織部門を選択します。組織部門が表示されていない場合は、フィルタ アイコンをクリックします。
  4. 追加 をクリックし、[ユーザーを追加] を選択します。
  5. 新しいユーザーの []、[]、[メインのメールアドレス] を入力します。

    ヒント: メールアドレスを割り当てる前に、ユーザーが Gmail や Google ハングアウトなどの Google サービスに使用する既存のアカウントを持っていないか確認します。

  6. アカウントに関連付けられているドメインが複数ある場合、ユーザーを追加するドメインを選択します。

    @ マークの右側に、使用できるドメインのプルダウン リストが表示されます。選択したドメインが、ユーザーのメールアドレスの @ マークの後ろの部分になります。

    Create a new user

  7. (省略可)ユーザーの初期パスワードを設定します。

    管理コンソールによって、新規ユーザーの仮のパスワードが生成されます(記号、大文字、小文字、数字の混在するパターンが使用されます)。生成されるパスワードの長さは、最小の長さ(8 文字)またはドメインに設定されているパスワードの最小の長さよりも長くなります。

    別の初期パスワードを設定するには、[パスワードの設定] をクリックし、パスワードを 2 回入力します。パスワードは 8 文字以上にする必要があります。安全なパスワードを作成するためのヒントについては、安全なパスワードについてのページをご覧ください。

    Set user password

  8. (省略可)[詳細] をクリックして、連絡先情報(ユーザーの携帯電話番号や勤務先住所など)や従業員の詳細(ユーザーの従業員 ID やコストセンターなど)をユーザーのプロフィールに追加します。ユーザーのプロフィールに他の情報も追加したい場合は、カスタム属性を作成することができます。ユーザーのプロフィール情報は、管理コンソールや Gmail の連絡先に表示されます。
  9. [作成] をクリックします。
  10. [手順をメールで送信] または [手順を印刷] をクリックし、新しいユーザーにアカウント情報を提供します。

    手順をメールで送信する場合は、新しいメールアドレスではなく、ユーザーがこれまで使用しているメールアドレスにメールを送信します。

  11. [完了] をクリックします。
  12. (省略可)追加のユーザー設定を編集します。

    新しいユーザーをグループに追加する場合や、G Suite ディレクトリにユーザー情報を表示しないようにする場合(G Suite のみ)など、他のユーザー設定を行うには、リスト内でユーザー名をクリックします。手順については、ユーザー アカウントの管理をご覧ください。

新しいユーザー アカウントが検索可能なディレクトリに表示されるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。共有オプションを変更して、G Suite ディレクトリにユーザーが表示されないようにすることもできます(G Suite のみ)。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。