CUPS サーバーへの Google クラウド プリントのインストール

この記事は、一般に Linux®、Berkeley Software Distribution®(BSD)、Mac® OS X® オペレーティング システムに付属している CUPS 印刷システムに詳しいシステム管理者を対象にしています。

Google クラウド プリント CUPS コネクタを使用すると、CUPS プリント サーバーにインストールされているプリンタを Google クラウド プリントに接続することができます。CUPS コネクタを使用すれば、プリンタを接続するのに Chrome やその他の GUI ソフトウェアは必要ありません。次の場合は、Google クラウド プリント CUPS コネクタを使用することをおすすめします。

  • 複数のプリンタを Google クラウド プリントに接続する必要がある場合 - 管理するのは CUPS サーバー 1 台と CUPS コネクタ 1 つだけで済みます。
  • 従来のプリンタを共有する必要がある場合 - Google クラウド プリントをサポートするために、ワークステーションを継続的に実行する必要はありません。
  • プライバシーに関する特別な要件がある場合 - 印刷ジョブを物理的な場所でのみ実行するように、コネクタをローカルでの印刷専用に設定できます。

CUPS コネクタの詳細、バグの報告、ヘルプの参照については、GitHub にアクセスしてください。

注: ドキュメントは、Google クラウド プリントから Google に送信されます。印刷用に送信されたドキュメントは、印刷ジョブが完了するまで Google に保存されます。また、印刷ジョブに関するデータを Google が保管することがあります。詳細をご覧ください

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。