メールログ検索の結果を解釈する

メールログには、G Suite ドメインで送受信されたメールの配信状況が記録されています。メールが最終的な宛先に到達しなかった場合は、配信ステータスを見るとその理由がわかります(例: メールが迷惑メールとして検疫された、配信できなかったため返送された)。

配信ステータスの履歴は、個々のメールの [メッセージの詳細] に表示されます。個々の配信ステータスについての詳細は、以下をご覧ください。

配信ステータス

アーカイブ済み
このメールは、アーカイブが有効になっている Google グループ ディスカッションでやり取りされたものです。メールの内容はグループのページから閲覧できます。
アーカイブの承認済み
メールは、Google グループによってアーカイブが認められました。
迷惑メール判定を回避
メールは迷惑メールと判定されましたが、迷惑メールフィルタの設定により正常なメールとして認められました。
返送
アカウントの問題が発生したためにメールが返送されました。たとえば、IP アドレスがブラックリストに登録されている、アカウントの送信制限数に達している、メールがコンプライアンスや転送ポリシーのルールに違反しているなどの問題が考えられます。詳しくは、IP アドレスがブラックリストに登録されているために、メールが返送されるメールの送受信数に関する制限ポリシールールに基づくメール返送をご覧ください。
配信済み
メールは送信先の Gmail 受信トレイかサードパーティの SMTP サーバーに正常に配信されています。配信済みメールは [メッセージの詳細] で確認できます。メールが見つからない場合は、メールの送信先 IP アドレスがわかればそれをメモして、外部ネットワークに問題がないか確認します。メッセージが Gmail と他の SMTP サーバーにどちらに配信されたかは、[メッセージの詳細] ビューに表示されます。
Google 内部サーバーに配信
メールは Google の内部ネットワーク内で配信中です。
SMTP サーバーに送信しました
メールは指定のメールアドレスと暗号化を使用して SMTP サーバーに配信されました。
Gmail の受信トレイに配信
メールは送信先に配信済みです。対応は不要です。メールが見つからない場合は、ユーザーがメールを削除したか、アーカイブしたか、特定のラベルに移動した可能性があります。すべてのメールボックスとラベルを検索するには、検索ボックスに「in:anywhere <検索文字列>」を入力します。メールを検索するその他の方法については、検索オプションに関するページをご覧ください。
メンバーへの配信用にグループに配信済み
メールは、個々のグループ メンバーに展開するために、グループ アドレス宛てに配信済みです。
ドロップ
送信元 SMTP サーバーの信頼度が低いため、メールが配信されませんでした。たとえば、サーバーの IP アドレスが DNS ブラックホール リスト(DNSBL)に登録されている可能性があります。DNSBL の IP アドレス(またはアドレス範囲)は迷惑メールに関連付けられます。詳しくは、IP アドレスがブラックリストに登録されているために、メールが返送されるをご覧ください。
グループから転送済み
メールはグループ展開後に受信者に送信されました。
処理中
メッセージは配信中に Google のサーバーを通過しています。
Gmail の配信パイプラインに挿入
メールは Google SMTP サーバーで受信され、Gmail アカウントに配信するために Gmail 配信パイプラインに挿入されました。​
包括的なメール ストレージ サービスによって Gmail の配信パイプラインに挿入されました
このドメインの [包括的なメール ストレージ] がオンになっています。この機能により、ドメインで送受信されたすべてのメールのコピーが保存されます。メールのコピーは、関連付けられているユーザーの Gmail メールボックスに保存されます。保存されるメールには、Gmail 以外のメールボックスで送受信したメールも含まれます。メールがこの設定による影響を受けている場合、メールログ検索に [SYSTEM_OF_RECORD] エントリが表示されます。
迷惑メールとしてマーク

受信メールが Gmail によって迷惑メールに分類されました。誤ったメールの分類を修正するには、迷惑メールのマーク付けとマークの解除をご覧ください。

迷惑メールに振り分けられたメールは、さらに次のいずれかに分類されます。

 

迷惑メールの分類メッセージ

このメッセージの意味

迷惑メールのコンテンツは検出されませんでした。

Gmail では、メッセージ内から迷惑メールのコンテンツは検出されませんでした。

この受信者は過去に同様のメッセージを迷惑メールに分類しています。

メールの受信者が以前に同様のメールを迷惑メールとして報告しているため、Gmail で迷惑メールに分類されました。

このメッセージには不審なコンテンツが含まれています。

メッセージに迷惑メール関連の既知のコンテンツが含まれているため、Gmail で迷惑メールに分類されました。

このメッセージには不審なリンクが含まれています。

メール本文に含まれるリンクが Gmail で不審とみなされたため、迷惑メールに分類されました。

このメッセージには不審なファイルが添付されています。

メールの添付ファイルが Gmail で不審とみなされたため、迷惑メールに分類されました。不審な添付ファイルには、受信者のデバイス上でプログラムを実行する可能性がある、.exe、.msi、.bat などのファイルがあります。添付ファイルにマクロが含まれている場合も迷惑メールに分類されることがあります。

このメッセージは管理者による迷惑メール設定に基づいて分類されました。

組織で設定されているカスタムの Gmail ポリシーに基づき、Gmail で迷惑メールに分類されました。詳しくは、組織に合わせた Gmail の設定の調整をご覧ください。

このメッセージは DMARC 認証に失敗しました。

送信元ドメインの DMARC ポリシーに基づいて、Gmail で迷惑メールに分類されました。詳しくは、DMARC についてをご覧ください。

この送信元は一般公開のリアルタイム ブラックリスト(RBL)に登録されています。

リアルタイム ブラックリスト(RBL)とは、迷惑メールの送信履歴がある IP アドレスとドメインのリストです。RBL に登録されているサーバーから受信したメールは、Gmail によって迷惑メールに分類されます。

このメッセージは RFC 標準に違反しています。

Gmail はメールのメッセージ形式が RFC 標準に準拠しているかどうかを分析します。メールが RFC 標準から逸脱すればするほど、Gmail で迷惑メールに分類される可能性が高くなります。

このメッセージは Gmail のポリシーに違反しています。

メールが G Suite のメールポリシーに違反しているため、Gmail で迷惑メールに分類されました。詳しくは、Gmail と G Suite のポリシーについてのページをご覧ください。

報告されている迷惑メールのパターンにメールが一致しています。

メッセージに既知の迷惑メールのパターンが含まれているため、Gmail で迷惑メールに分類されました。

信頼度の低い送信元です。

送信元の信頼度が低いため、Gmail で迷惑メールに分類されました。送信元ドメインに関して迷惑メールの報告があると、そのドメインの信頼度が下がります。

このメッセージは明らかに迷惑メールです。

明らかな迷惑メールの特徴が確認されたため、Gmail で迷惑メールに分類されました。

高度な安全性設定がこのメッセージに適用されました。

ドメインの高度なセキュリティ設定が適用されたため、Gmail で迷惑メールに分類されました。詳しくは、高度なセキュリティ設定についてのページをご覧ください。

検疫済み
設定が適用されてメールが検疫されました。管理者検疫でメールを確認し、配信するか配信不可として拒否するかを決める必要があります。
Google 内部サーバーから受信
受信メールは元々 G Suite アカウント(お客様の所属組織など)から送信されています。このステータスが [受信者の詳細] に何度も表示される場合は、受信者のドメイン以外の G Suite アカウントから送信された可能性があります。
SMTP サーバーから受信しました
表示された IP アドレスのメール転送エージェント(MTA)から受信メールを受信しました。この行には、メールが TLS(Transport Layer Security)で暗号化されているかどうかも示されます。Microsoft® Outlook® で SSL/TLS IMAP を利用している場合、TLS で受信するメールは、Gmail サーバーと送信元ホストとの間で暗号化されます。

組織で TLS 暗号化を有効にするには、[セキュアなトランスポート(TLS)に準拠] 設定についてのページをご覧ください。
拒否
メールが送信用の迷惑メール自動フィルタで迷惑メールとしてマーク付けされました。解決方法については、送信したメッセージが「メールが拒否されました」で返されるをご覧ください。
検疫で拒否
管理者が検疫メッセージ センターでメールを調査して削除しました。削除の最も一般的な理由は、メールが迷惑メールであることです。迷惑メールを受信者に配信することのないようにしてください。
検疫から解放
管理者が検疫メッセージ センターでメールを調査し、迷惑メールではないと判断しました。メールは管理者によって検疫から削除されたため、受信者に配信された可能性があります。
アーカイブ用に送信済み
メールは Google グループのアーカイブ用に送信されました。
管理用に送信済み
このメールは Google グループ ディスカッションの一部です。グループ管理者による確認のために管理キューに送信されました。
Gmail から送信
メールは Gmail から送信されました。
グループ メンバーに送信済み
メールは個々のグループ メンバーに送信されました。

配信後のメールのステータス

ラベル
受信トレイ以外のラベルのカンマ区切りのリストがメッセージに割り当てられています。
重要マークが付けられました
メールに重要マークが付いています。
重要でないとマークされました
メールは重要でないとマークされています。
開封済み(未読としてマーク)
メールは開封、表示されましたが、未読のマークが付けられています。
開封済み(既読)
メッセージは開封、表示されました。
既読
メールは、ユーザーが Gmail を開いたときに画面に表示されました。
迷惑メール
メールに迷惑メールのマークが付いています。
スター付き
メールにスターが付いています。
未開封(既読としてマーク)
メールは開封も表示もされていませんが、既読のマークが付けられています。
未開封(未読)
メッセージは開封、表示されていません。
未読
メールはまだユーザーの画面に読み込まれていません。

適用された設定の情報を表示する

メールが Gmail の詳細設定の適用対象となった場合は、メールログ検索の結果で情報を確認できます。適用された設定の種類と名前が [受信者の詳細] > [一致したルール] に表示されます。管理コンソールの設定へのリンクも表示されます。

コンテンツ コンプライアンス不快なコンテンツなど、特定の種類のルールについては、適用される原因となったコンテンツの詳細が表示されます。

注: G Suite for Government をご利用の場合やデータの保管場所に制限がある場合、適用されたルールの詳細と件名の検索は利用できません。

  1. メールログ検索を行います。
  2. 検索結果のページでメールの件名またはメッセージ ID をクリックし、詳細を表示します。
  3. [受信者の詳細] で受信者のメールアドレスをクリックし、配信履歴を展開します。

    各配信ステップの [一致したルール] に、ルールの種類(たとえば「CONTENT_COMPLIANCE」)とルールの説明が表示されます。

  4. 設定に移動したり詳細情報を表示したりするには、一致したルールの横にある矢印をクリックします。

    コンテンツ コンプライアンスまたは不快なコンテンツに関するルールが一致した場合は、ルールが適用される原因となったコンテンツの詳細が表示されます。コンテンツ内の機密情報は編集された状態で表示されます。

  5. 一致した設定を確認または変更するには、[この設定に移動] をクリックします。設定が作成された最上位の組織部門が表示され、必要に応じて設定を変更できます。

    注: 一致した設定が作成後に変更された場合は、現在の設定内容が表示されます。設定が削除されている場合、リンクは使用できません。

Gmail のその他のトラブルシューティング

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。