Gmail の高度な配信設定(メールルートの追加)

Gmail の配信設定は、通常は直接配信に設定されており、ドメイン内のユーザー宛てのメールはすべて、各ユーザーの Gmail の受信トレイに配信されます。基本の設定手順に沿ってドメインの設定を行う場合は、この直接配信の設定になります。

ただし、Microsoft® Exchange ユーザーのメールを配信する場合などには、より高度な配信設定が必要です。このような設定を行うには、社内導入型サーバーのそれぞれに配信ルートを追加し、そのルートを経由した配信先の作成を特定のドメインやユーザーに対して行います。このルーティングの設定は組織部門単位で行えます。

メールのルーティングの使用例については、メールのルーティングと配信をご覧ください。

ドメインのメールルートを追加する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Gmail] 次へ [詳細設定] にアクセスします。

    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページを最下部までスクロールします。

  3. [ホスト] をクリックします。
  4. [ルートを追加] をクリックします。
  5. ルートの名前を入力します。わかりやすい名前を使用することをおすすめします。
  6. ルートのメールサーバーを指定します。

    [単一のホスト] を選択した場合は、ルートのホスト名または IP アドレスを入力します(ホスト名の使用をおすすめします)。次に、ポート番号を入力します (25、587、または 1024~65535 の範囲の値)。

    : ポート 465 は単一のホストでは使用できないか、またはサポートされません。

  7. [複数のホスト] を選択した場合は、負荷分散とフェイルオーバーを目的として、複数のプライマリ ホストとセカンダリ ホストを指定することができます。[追加] をクリックしてホストを追加し、各ホストのホスト名、ポート番号、負荷の割合を入力します。負荷の割合は、各カテゴリ(プライマリとセカンダリ)で合計 100% になるよう指定します。たとえば、プライマリ ホストを 2 つ指定する場合は、ホスト名ごとに「50」と入力します。

  8. 必要に応じて次のオプションを選択します。

    • ホストで MX ルックアップを実行する - 指定したドメイン名に関連付けられた MX ホストに配信します。

    • TLS 配信を使用する - 送信側のメールサーバーと受信側のメールサーバーの間で、Secure Sockets Layer/Transport Layer Security(SSL/TLS)を使用してメールを暗号化します。

    • CA 署名済み証明書を使用する - メールルートに署名済み証明書を使用します。

  9. 下部の [保存] をクリックします。

変更がシステム全体に反映されるまでには、最長で 1 時間ほどかかる場合があります。変更は管理コンソールの監査ログで確認できます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。