メールログ検索の概要

メールログ検索機能を使用すると、メール配信ログを確認して、組織におけるメールの配信状況を評価できます。メールログ検索は、[迷惑メール] に振り分けられたり、誤ってルーティングされたりして紛失したメールを探すのに役立ちます。また、次の目的で使用することもできます。

  • メールの IP アドレスを特定する。
  • ポリシーがメールフローに与える影響をトラブルシューティングする。
  • ユーザーの Gmail のメールボックスに配信されたメールのステータスを確認する。これにより、メールのラベル、メールの場所、メールが削除されているかどうか、などがわかります。

注: 販売パートナー経由で購入されたドメインの管理コンソールに販売パートナー コンソールを使ってアクセスする場合は、メールログ検索を利用できません。

ツールの利用方法

メールログ検索の利用方法について詳しくは、以下の記事をご覧ください。

記事 説明
メールログ検索を使用してメールを検索する メールログ検索の使用手順を説明しています。
メールログ検索の詳細表示 メールログ検索の出力について詳しく説明しています。
メールログ検索の結果を解釈する 検索結果を使用して配信の問題を調査する際の推奨事項を紹介しています。
配信後のメールのステータス 配信後のメールの状態について詳しく解説しています。

検索結果に表示されるメール

  • 1 時間前~7 日前の間に送信されたメールか、指定の期間(過去 30 日以内)に送信されたメール
    注: 31 日以上経過したメールの検索結果には、配信後のメールの詳細のみが表示されます。
  • 配信後のメールの詳細(有効期限はなく、永続的に保存されます)
  • 組織内の任意のユーザーによって送受信されたメール
  • Google グループのグループに送信されたメールと、組織のユーザーを含む他のメーリング リストに送信されたメール

使用できる検索条件

  • 特定の期間(範囲を日時で指定)。31 日以上経過したメールを検索する場合、メッセージ ID と宛先アドレスの指定は必須です。
  • 特定のエンベロープの送信者または受信者。メールアドレス全体、メールアドレスの一部、またはドメインのみを指定できます。
  • 特定の送信者または受信者の IP アドレス。
  • 特定のメッセージ ID。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。