メールログ検索の概要

この機能は、G Suite Enterprise、G Suite Business、G Suite Basic の各エディションでご利用いただけます。(各エディションの比較

Google の管理コンソールの [メールログ検索] を使って、メッセージの配信状況を確認するときにドメインの配信ログを絞り込むことができます。メールログ検索のレポートは、配信されなかったメール(検疫によって隔離された迷惑メールやルーティングで問題が生じたメールなど)の追跡に役立ちます。このツールを使ってメールの IP アドレスを特定したり、ポリシーがメールフローに与える影響を確認したりすることもできます。

メールログ検索機能を使用することで、メールの配信を追跡するだけでなく、ユーザーの Gmail メールボックスに配信された後のメールのステータスを調査することもできます。これにより、現在割り当てられているラベル、メールの場所、メールが削除されたかどうか、などがわかります。

販売パートナー経由で購入されたドメインの管理コンソールに販売パートナー コンソールを使ってアクセスする場合は、このメールログ検索ツールを利用できません。

ツールの利用方法

  1. ツールの利用方法の学習: この記事に記載のガイドラインをお使いください。
  2. 検索: メールログ検索を使用してメールの履歴を管理するでツールの利用手順をご覧ください。
  3. 結果の確認: メールログ検索の詳細表示で検索結果の説明をご覧ください。
  4. ルーティングや配信状態の分析: メールログ検索の結果を解釈するで、検索結果を使って配信の問題を調査する際のおすすめの方法をご確認ください。
  5. 配信後のメッセージの状態の調査: 結果出力については、配信後のメッセージのステータスをご覧ください。

検索結果に表示されるメール

  • 1 時間前~7 日前の間に送信されたメールか、指定の期間(過去 30 日以内)に送信されたメール
    注: 31 日以上経過したメールの検索結果には、配信後のメッセージの詳細のみが表示されます。
  • 配信後メッセージの詳細には時間的な制約はなく、常に保持されます
  • ドメイン内の G Suite ユーザーが送受信したメール
  • Google グループに送信されたメールや、G Suite ユーザーを含むその他のメーリング リストに送信されたメール

使用できる検索条件

  • 特定の期間(範囲を日時で指定)。
    注: 31 日以上経過したメールを検索する場合、メッセージ ID と宛先アドレスの指定は必須です。
  • 特定の送信者または宛先: 省略なしのメールアドレス、メールアドレスの一部、ドメインのみ(例: [会社名].com)を指定できます。
  • 特定の送信者や受信者の IP アドレス。
  • 特定のメッセージ ID。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。