通知

Duet AI は Gemini for Google Workspace になりました。詳細

ドライブと Google サイトのファイアウォールとプロキシの設定

この記事はネットワーク管理者を対象としています。

ユーザーが社内のネットワークから Google ドライブ、Google ドキュメント エディタ、新しい Google サイトにアクセスできるようにするには、ファイアウォールのルールで次のホストとポートに接続します。接続できない場合、サービスへのアクセスがブロックまたは拒否される可能性があります。

注: ホストに [0–9] を含める場合、ホストに 1 桁の 10 進数を 1 つずつ許可する必要があります。たとえば、*.clients[0~9].google.com:443/HTTPS の場合、*.clients0.google.com:443:HTTPS、*.clients1.google.com:443:HTTPS、*.clients2.google.com:443:HTTPS などを許可します。

  • www.google.com:443/HTTPS
  • accounts.google.com:443/HTTPS
  • googledrive.com:443/HTTPS
  • drive.google.com:443/HTTPS
  • *.drive.google.com:443/HTTPS
  • drive.usercontent.google.com:443/HTTPS
  • docs.google.com:443/HTTPS
  • *.docs.google.com:443/HTTPS
  • *.c.docs.google.com:443/HTTPS
  • sheets.google.com:443/HTTPS
  • slides.google.com:443/HTTPS
  • takeout.google.com:443/HTTPS
  • gg.google.com:443/HTTPS
  • script.google.com:443/HTTPS
  • ssl.google-analytics.com:443/HTTPS
  • video.google.com:443/HTTPS
  • s.ytimg.com:443/HTTPS
  • apis.google.com:443/HTTPS
  • *.clients[0~9].google.com:443/HTTPS
  • *.googleapis.com:443/HTTPS
  • *.googleusercontent.com:443/HTTPS
  • *.gstatic.com:443/HTTPS
  • *.gvt1.com:443/HTTPS
  • lh[0~9].google.com:443/HTTPS
  • [0~9].client-channel.google.com:443/HTTPS
  • clients[0~9].google.com:443/HTTPS
  • inputtools.google.com:443/HTTPS
  • sites.google.com:443/HTTPS
  • sites.google.com:80/HTTP
  • sites.google.com:443/HTTPS
  • *.sites.google.com:443/HTTPS
  • *.googlegroups.com:443/HTTPS
  • ipv4.google.com:443/HTTPS
  • ipv4.google.com:80/HTTP

IP アドレスとプロキシについて

ドライブと Google サイトが Google サーバーへの接続に使用する方法は、ブラウザ、ブラウザのバージョン、ネットワークの状況などによって異なります。

IP

  • ドメイン名によっては、解決先の IP アドレスが特定のアドレス範囲内になるとは限りません。
  • ドライブおよび Google サイトで使用する IP アドレスが、他の Google サービスで使用されることもあります。
  • 前述の住所でアクティビティが見られない場合も、今後アクティビティが発生する可能性があります。

パソコン版 Google ドライブ のプロキシ

ユーザーが パソコン版ドライブ を正常に使用できるように、次のプロキシに関する情報を確認してください。

サポートされているプロキシ検出方法

  • Windows: ドメイン ネーム システム(DNS)と DHCP
  • macOS: DNS

復号プロキシ

パソコン版ドライブは、すべてのネットワーク トラフィックを暗号化し、ホスト証明書を検証して、中間者(MITM)攻撃から保護します。復号プロキシを使用する場合は、パソコン版ドライブ の TrustedRootCertsFile 設定を構成します。

バッファリングされたプロキシ

バッファリングされたプロキシを使用する場合は、ホスト fcmconnection.googleapis.com のプロキシでバッファリングを無効にする必要があります。

認証プロキシ

パソコン版ドライブでは、パスワードを使用した認証プロキシはサポートされていません。

関連トピック

パソコン版 Google ドライブを設定する


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー