ウェブメール ホストからの読み込みを有効または無効にする

G Suite の Gmail 管理者は、組織内のユーザーが Google 以外のウェブメール アカウント(Yahoo!、Hotmail、AOL など)からメールと連絡先を読み込めるようにすることができます。それには、まず Google 管理コンソールでこの機能を有効にする必要があります。有効にすると、ユーザーの Gmail 設定画面の [アカウント] タブに追加機能が表示されるようになります。

他のウェブメール ホストからの読み込みを有効にするかどうかは、アカウント内のユーザー全体に対してのみ設定でき、下位組織に対して設定をカスタマイズすることはできません。

他のウェブメール ホストからの読み込みを有効にする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページで、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Gmail の設定] 次に [設定] にアクセスします。
  3. [設定] で [ユーザーメールのアップロード] の横にあるチェックボックスをオンにして、ウェブメールまたは POP3 アカウント(Yahoo!、Hotmail、AOL など)からメールと連絡先を読み込むオプションがユーザーに表示されるようにします。

    ヒント: この項目が表示されない場合は、ページ上部の [組織] でアカウントの最上位組織を選択してください。下位組織が選択されている場合、この機能は使用できません。

  4. [保存] をクリックします。変更が有効になるまで時間がかかる場合があります。
  5. Gmail > 設定アイコンから読み込みプロセスを開始するようユーザーに案内します。詳しくは、Gmail アカウントへの連絡先の読み込みGmail での他のアカウントのメール確認についての記事をご覧ください。

他のウェブメール ホストからの読み込みを無効にする

他のウェブメール ホストからの読み込みを無効にするには、前述の手順 3 でチェックボックスをオフにして変更を保存します。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。