Google Workspace の診断ツール

Google Workspace サービスの問題をトラブルシューティングするための使いやすいツール

Google Admin Toolbox を使用して、Google Workspace に関する問題のトラブルシューティングを行うことができます。

ブラウザ デバッガ

Browserinfo では、ブラウザに接続問題が発生していないかを確認できます。このツールを使用すると、次のことを行えます。

  • 重要なブラウザのパラメータを収集する
  • インストールされているプラグインを検出する
  • 次の方法で接続状況を確認する
    • Google サービスへの HTTP の遅延を計算する
    • 接続を妨げるファイアウォール ルールがないかを検出する
DNS 確認

Check MX では、MX レコードによくある設定の誤りを調べることができます。お使いのドメインの現在の状況を確認する際は、このツールをご利用ください。

Check MX では次のような項目を確認します。

  • DNS の全般的健全性チェック - NS サーバー数が複数あるか、すべてのサーバーにアクセスできるか、サーバーが相互に認識しているか、同期されているか。
  • Google Workspace 関連の問題 - ドメインの MX レコードが推奨設定と一致しているか、不適切な設定はないか、通常の構成に含まれていないサーバーはないか。
  • その他のチェック - MX が A レコードに正しく対応しているか、独自ドメインの CNAME レコードがあるか、DNS 応答が標準の UDP 応答と一致しているか。

項目のチェックが終了すると、メール フローが次のどの状態かを示すフラグの付いたレポートが表示されます。

  • スムーズに機能している(緑色のフラグ)
  • 機能しているが、対処が必要な何らかの問題がある(黄色のフラグ)
  • 停止している(赤色のフラグ)
エンコードとデコード

Encode / Decode ツールは、以下のさまざまなエンコードやデコードをウェブ関連の問題のデバッグに利用できます。

  • Base64 エンコード
  • Base64 デコード
  • Base64URL エンコード
  • URL エンコード
  • URL デコード
  • MD5 ハッシュ
  • SAML エンコード
  • SAML デコード

エンコードまたはデコードするテキストを入力し、エンコードまたはデコードの種類を選択して [送信] をクリックします。

ログ解析ツール

Log Analyzer は、Google のツールやサービスで生成されたログファイル内のエラーや警告の分析に役立ちます。

 

ツールを使用するには、ログファイルを貼り付けるかアップロードし、ログのソースを選択します。また、Log Analyzer でログのソースを自動検出することもできます。サービスごとのログファイルの収集方法について詳しくは、次の記事をご覧ください。

Log Analyzer で問題が検出されると、問題がハイライト表示されるとともに、詳細の説明が表示されます。ほとんどの問題は、送信から数分以内に特定できます。

メール

Messageheader では、メール配信や転送に関する問題(サーバー ホップ数、メッセージの遅延など)を識別できます。ツールを使用するには、メッセージ ヘッダー全体を貼り付け、[上記のヘッダーを分析] をクリックします。

詳しくは以下をご覧ください。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。