Gmail の動作が遅い場合のトラブルシューティング

管理者向けの高度なテスト

Gmail の動作が遅いとユーザーが感じる場合、管理者は次の高度なトラブルシューティング手順に従ってユーザーの接続状況を診断できます。

始める前に

まず次の要因を判断して、ユーザーにいくつかの対処を取ってもらいます。

高度なテストを実行する

上記の手順に沿って対処しても原因がわからない場合は、次の高度なテストと分析を行います。

ステップ 1. Google のメールサーバーに対して ping テストを行う

ping テストで、サイズの小さいメールがサーバーを往復する大まかな所要時間を計算します。

1. ping テストを行います。

Windows® の場合:

  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. [スタート] 次へ [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. cmd」と入力し、Enter キーを押します。
  4. プロンプトで「ping -n 10 mail.google.com」と入力し、Enter キーを押します。

Mac® OS X® と Linux® の場合:

  1. ターミナルを開きます。
  2. プロンプトで「ping -c 10 mail.google.com」と入力し、Enter キーを押します。

2. Google のメールサーバーの ping テストの結果を確認します。

  1. パケットロスを確認します。ping の結果の下部に「X% packet loss」と表示されています。パケットロスがある場合は通常、Gmail サーバーまでの経路に問題があります。

  2. ラウンドトリップ時間を確認します。ping の結果の下部に「round-trip min/avg...」と表示されています。通常、平均ラウンドトリップ時間は 0.05 秒(50 ミリ秒)以下です。ラウンドトリップ時間が 500 ミリ秒を超える場合は、ネットワークに問題があり、調査する必要があります。traceroute テストに進みます。

ステップ 2. Google のメールサーバーに対して traceroute テストを行う

ping テストでラウンドトリップ時間が 50 ミリ秒を超えている場合や、パケットロスがある場合は、Google のメールサーバーに対して traceroute テストを行います。このテストでパケットの経路を確認し、遅延が発生しているネットワーク ルーターを特定します。

1. traceroute テストを行います。

Windows の場合:

  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. [スタート] 次へ [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. cmd」と入力し、Enter キーを押します。
  4. プロンプトで「tracert mail.google.com」と入力し、Enter キーを押します。

Mac OS X と Linux の場合:

  1. ターミナルを開きます。
  2. プロンプトで「traceroute mail.google.com」と入力し、Enter キーを押します。

2. Google のメールサーバーの traceroute の結果を確認します。

経路が遠回りではないか、ホップ数が非常に多くないか、接続の切断がないか確認します。

  1. ラウンドトリップ時間を確認します。3 秒(3,000 ミリ秒)を超える行がないか調べます。遅延が大きい場合の結果例を次に示します。

    11  ppp-151-164-39-20.rcsntx.swbell.net (151.164.39.20) 9100.287 ms  8100.077 ms  9100.065 ms
     
  2. traceroute コマンドをさらに何回か実行し、ホップやホストの問題が解消するかどうか確認します。
     
  3. ホップ数を確認します。

    通常、ネットワーク経路に問題がなければ、クライアントとエンドサーバー間の経路のホップ数は 20~25 以下になります。
     
  4. traceroute の出力でホップ数が 20~25 を超える場合、テストをもう一度実行して動作を確認します。
     
  5. ローカルのネットワーク環境を確認して、ホップ数が大きくなる原因がないか調べます。
     
  6. DNS ping テストに進みます。

ステップ 3. 内部 DNS サーバーに ping テストを行う

Google では、関連する DNS リクエストの送信元を確認してユーザーの場所を特定し、パフォーマンスを向上させるために最も近い Google のサーバーに送信します。ユーザーが使用するネームサーバーが別の場所にある場合、遠く離れたサーバーに送信されている可能性があります。ローカルの DNS サーバーに ping を実行すると、DNS サーバーとどれくらい離れているかがわかります。

1. ping テストを行います。

Windows の場合:
  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. [スタート] 次へ [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. cmd」と入力し、Enter キーを押します。
  4. プロンプトで「ipconfig /all」と入力し、Enter キーを押します。

  5. 結果の接続情報出力で、「DNS Servers」セクションを探し、使用している DNS サーバーの IP アドレスを調べます。
  6. Google のメールサーバーに対して行ったように ping テストを行います(mail.google.com の部分は、使用しているネームサーバーの IP アドレスに置き換えます)。

Mac OS X と Linux の場合:

  1. ターミナルを開きます。
  2. プロンプトで「cat /etc/resolv.conf」と入力し、Enter キーを押します。
  3. ネームサーバーとして最初に表示されている IP アドレスを書き留めておきます。
  4. Google のメールサーバーに対して行ったように ping テストを行います(mail.google.com の部分は、使用しているネームサーバーの IP アドレスに置き換えます)。

2. DNS サーバーの ping テスト結果を確認します。

ローカルの DNS サーバーに ping を行った場合、通常 10~30 ミリ秒以下になります。ほとんどのネットワークでは、2 ミリ秒未満です。結果がそれより大きい場合、バーチャル プライベート ネットワーク(VPN)またはその他の社内ネットワークによってユーザーのトラフィックが別の場所を経由している可能性があり、それによって Gmail へのアクセスが遅くなっていることが考えられます。DNS サーバーの遅延を短縮する方法についてネットワーク管理者に問い合わせることをおすすめします。対処方法として、ネットワーク レベルの変更が必要な場合もあれば、ユーザーのパソコンが別の DNS サーバーにアクセスするよう設定し直すだけで済む場合もあります。

さらにサポートが必要な場合

Google Cloud サポートにお問い合わせください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。