カスタムの管理者の役割を作成する

既定の管理者の役割では必要な権限をユーザーに割り当てられない場合は、カスタムの役割を作成します。それぞれのカスタムの役割に 1 つ以上の管理者権限を含めることで、その役割を持つユーザーが Google 管理コンソールで特定の管理作業を行えるようになります。

ヒント: 1 人のユーザーには複数の管理者の役割を割り当てることができます。

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

カスタムの役割を作成するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[管理者の役割] にアクセスします。

    [管理者の役割] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [新しい役割を作成] をクリックします。
  4. 役割の名前と説明を入力して [作成] をクリックします。
  5. [権限] タブで、この役割のユーザーに付与する各権限のチェックボックスをオンにします。それぞれの権限の詳細については、下記のボタンをクリックしてください。

    各権限の詳細

    どの権限を選択するかで、ユーザーの管理コンソールのホームページに表示されるコントロールや、管理できる設定が決まります。ある権限を選択すると、自動的に別の権限が選択されたり無効になったりする場合もあります。たとえば、[組織とユーザー] のすべての権限を付与するチェックボックスをオンにすると、そのセクションのすべての権限がオンになります。

  6. [変更を保存] をクリックします。

次のステップ: ユーザーに管理者の役割を割り当てる

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。