組織のデフォルトのルーティングを設定する

管理者は、デフォルトのルーティングを使用して、組織が受信するメールの配信方法を設定できます。デフォルトのルーティングでは、受信者のアドレスを指定し、その受信者宛てのメールの処理方法を指定します。

デフォルトのルーティング設定は、コンテンツや添付ファイルのコンプライアンスの設定など、他の Gmail のルーティング設定よりも優先順位が低くなります。デフォルトのルーティング設定の優先度を設定するには、デフォルトのルーティング設定の順序を指定します。

Google Workspace でのデフォルトのルーティングとルーティング

Google Workspace には、管理者がメール配信を管理するための 2 つの主要なルーティング設定([デフォルトのルーティング] と [ルーティング])があります。デフォルトのルーティングを使用すると、組織のデフォルトのメール配信を設定できます。たとえば、組織のメールのすべてまたはほとんどを複数の受信トレイに送信するには、デフォルトのルーティングを使用し、組織全体での二重配信を設定します。そのうえで、ルーティング設定を使用して、より特化されたメール配信ルールを作成するか、デフォルトのルーティング動作をオーバーライドします。たとえば、CEO 宛てのすべてのメッセージのコピーを CEO のエグゼクティブ アシスタントに送信するルーティング ルールを追加できます。

この 2 つのルーティング設定は、組織のメール配信を柔軟に設定するのに役立ちます。これら 2 つの設定を使用して組織の特定のメール配信ニーズに対応する手順については、以下の記事をご覧ください。

 

この記事では、デフォルトのルーティング設定で使用できるすべてのオプションについて説明します。

デフォルトのルーティングの設定

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gmail] 次に [デフォルトのルーティング] にアクセスします。
  3. [設定] または [別のルールを追加] をクリックします。
  4. [設定を追加] ボックスで次の操作を行います。

    設定オプション 必要なご対応
    照合するエンベロープ受信者の指定
    • 1 人の受信者 - メールアドレス(jjsmith@solarmora.com など)を入力して 1 人のユーザーを指定します。
    • パターン一致 - ドメイン内の一連の受信者を指定する正規表現を入力します。
    • グループ メンバー - リストから 1 つ以上のグループを選択しますグループの作成は [グループ] タブで行ってください。 このオプションは、グループの直接的なメンバーと子グループのメンバーの両方に影響します。たとえば、グループ B がグループ A のメンバーである場合、グループ B のユーザーはグループ A の子メンバーになります。
    • すべての受信者 - ドメイン内のすべての受信者が指定されます。この設定は、認識されないアドレスにのみ影響します。停止中のユーザー、Gmail が無効になっているユーザー、存在しないユーザーは、認識されないアドレスとして扱われます。
    エンベロープ受信者が上の指定と一致する場合に実施する操作

    影響を受けるメールに対する主な操作を選択します。

    • メッセージを変更 - 影響を受けるメッセージを変更します。メッセージを変更するには、後述するメッセージ オプションの変更をご確認ください。

    • メールを拒否 - 受信者に配信される前にメールを拒否します。メールが拒否された理由を送信者に通知するメッセージを追加できます。このオプションを使用すると、影響を受けるメッセージに他のルーティング ルールやコンプライアンス ルールは適用されません。[メールを拒否] オプションを設定したルーティング設定は、常に最優先されるルーティング設定となります。詳しくは、デフォルトのルーティング設定の順序を指定するをご確認ください。メッセージが拒否されると Gmail で自動的に 550 5.7.1 などの SMTP 拒否コードが追加されますが、これは SMTP 標準の要件であり、削除することはできません。

    メッセージを変更

    影響を受けるメッセージに対して [メッセージを変更] を選択した場合は、メッセージを変更する方法を選択します。

    • X-Gm-Original-To ヘッダーを追加 - 受信者のサーバーが元のエンベロープ受信者を認識できるよう、受信者が変更された場合にヘッダータグを追加します。ヘッダータグの形式は、X-Gm-Original-To: user@solarmora.com です。
    • X-Gm-Spam ヘッダーと X-Gm-Phishy ヘッダーを追加 - 迷惑メールとフィッシングのステータスを示すヘッダーを追加します。受信サーバーの管理者は、この情報を使用して迷惑メールの管理ルールを設定します。詳しくは、迷惑メールヘッダー設定をすべてのデフォルトのルーティング ルールに追加するをご確認ください。

    • カスタム ヘッダーを追加 - この設定の対象となるメールにカスタム ヘッダーを追加します。たとえば、設定に指定した説明と一致するヘッダーを追加できます。カスタム ヘッダーは、ルーティング設定とメール配信のトラブルシューティングに役立ちます。

    • 件名の先頭に追加するカスタム テキスト - 指定したメールの件名の先頭にカスタム テキストを追加します。たとえば、機密性の高いメールの場合は「機密」と入力します。この設定を「月次レポート」という件名のメールに適用すると、件名が「[機密] 月次レポート」に変更されます。

    • ルートを変更 - メールの配信先をデフォルトの Gmail サーバーから別のメールサーバーに変更します。ルートを変更する前に、Gmail のメール ルーティング用のメールサーバーを追加する手順でサーバーを追加する必要があります。

    • エンベロープ受信者を変更 - メールは元の受信者のメールボックスに配信されず、新しい受信者に配信されます。次のいずれかの方法でエンベロープ受信者を変更します。

      • 受信者のメールアドレス全体を置換する - [宛先を置換] の後に完全なメールアドレス(user@solarmora.com など)を入力します。
      • ユーザー名を置換する - 受信者のメールアドレスのユーザー名のみを変更し、ドメインは変更しません(@[既存のドメイン] より前の部分)。ユーザー名のみを入力し、@ やドメイン名は付けません。
      • ドメインを置換する - 受信者のメールアドレスのユーザー名はそのままでドメインのみを変更するには、[現在のユーザー名]@ の後にドメイン(solarmora.com など)を入力します。
    • このメッセージには迷惑メールフィルタを適用しない - 受信したメールが迷惑メールに分類されても、受信者に配信されます。これは受信メールにのみ適用されます。送信メールの迷惑メールフィルタをオフにすることはできません。: アカウントの種類が「グループ」の場合は使用できません。詳しくは、影響を受けるアカウントの種類をご覧ください。

    • メールから添付ファイルを削除 - 影響を受けたメールから添付ファイルを削除します。添付ファイルが削除された旨を受信者に知らせるテキストを追加することもできます。

    • 受信者を追加 - 影響を受けた受信者を他の受信者にも送信します。受信者のアドレスを入力するには、[追加] をクリックします。[設定を追加] ボックスで、次のオプションから [詳細設定] を選択します。
      • ルートを変更
      • エンベロープ受信者を変更
      • この受信者に迷惑メールを送信しない
      • この受信者からのバウンスメールを送信元に送信しない
      • X-Gm-Original-To ヘッダーを追加
      • X-Gm-Spam ヘッダーと X-Gm-Phishy ヘッダーを追加
      • カスタム ヘッダーを追加
      • 件名の先頭に追加するカスタム テキスト
      • メッセージから添付ファイルを削除
    エンベロープ フィルタ
    1. 次のいずれかまたは両方をオンにします。
      • 特定のエンベロープ送信者にのみ適用する - この設定を選択し、設定を適用する送信者のメールアドレスを入力します。
      • 特定のエンベロープ受信者にのみ適用する - この設定を選択し、設定を適用する受信者のメールアドレスを入力します。
    2. 選択したオプションで、該当するユーザーを入力します。
      • 1 個のメールアドレス - ユーザーの完全なメールアドレスを入力します。
      • パターン一致 - ドメイン内の一連の送信者または受信者を指定する正規表現を入力します。例: ^(?i)(user1@solarmora\.com|user2@solarmora\.com|user3@solarmora\.com)
        詳しくは、ガイドラインをご覧ください。
      • グループ メンバー - リストから 1 つ以上のグループを選択します。エンベロープ送信者の場合は送信メールにのみ適用され、エンベロープ受信者の場合は受信メールにのみ適用されます。このオプションは、グループ メンバーと子グループのメンバーに影響します。たとえば、グループ B がグループ A のメンバーである場合、このオプションはグループ A とグループ B のメンバーに影響します。
    オプション  
  5. 下部の [保存] をクリックします。

変更には最長で 24 時間かかることがありますが、通常はこれより短い時間で完了します。詳細。変更履歴は管理コンソールの監査ログで確認できます。

デフォルトのルーティング設定の順序を指定する

[デフォルトのルーティング] ページでは、ドメインの設定を 1,000 個まで作成できます。このページで設定の順序(優先順位)を調整することもできます。

  1. 設定の横にある [並べ替え] をクリックします。
  2. 新しい数値を入力します(たとえば、最も高い優先度を割り当てる場合は「1」を入力します)。
  3. [保存] をクリックします。
  4. 設定に他の優先順位を割り当てるには、この手順を繰り返します。

[メールを拒否] の処理を指定した設定は、常に最優先されます。これは、別の設定の優先順位を最も高く設定していても変わりません。

重要: すべてのルーティング設定は、Google Workspace によって対象となる受信メールに適用されます。2 つの設定が競合する場合は、Google Workspace によって競合する設定のうち優先順位の高い方が適用され、優先順位の低い方は無視されます。

詳しくは、競合する処理と Gmail 設定の優先順位の例外をご覧ください。

関連トピック

 


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
73010
false
false