メールアドレスまたはドメインに基づいて特定の送信者をブロックする

迷惑メールや悪意のあるメールを受け取らないようにするには、ブロックされている送信者リストに個別のメールアドレスまたはドメイン全体を追加します。こうすることで、リスト内の送信者からのメールを自動拒否できます。

設定の適用方法について

ブロックされている送信者の設定は、組織部門単位でユーザーに適用されます。特定のアドレスからのメールをブロックすることも、特定のドメインからのメールをブロックすることもできます。また、部門ごとにルールを変えることもできます。

ただし、ビジネス向け Google グループに投稿されたメッセージには、ブロックされている送信者リストの設定が適用されない場合があります。ブロックされている送信者がグループにメールを送信すると、グループのメンバーに届くことがあります。これはグループ通知やメールの設定によって異なります。

ブロックされている送信者リストを設定する

すべて開く  |  すべて閉じる

手順 1: ブロックされている送信者リストにアドレスまたはドメインを追加する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ]次に[G Suite]次に[Gmail]次に[詳細設定] をクリックします。

    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページの一番下までスクロールします。

  3. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。

  4. [ブロックされている送信者] にカーソルを合わせ、次のいずれかの操作を行います。

    • 既存の設定を編集するには、[編集] をクリックします。

    • 新しく設定する場合は、[設定] または [別の設定を追加] をクリック 次に 説明を入力します。

  5. [既存のリストを使用するか、新しいリストを作成してください] をクリックします。

  6. 次のいずれかの手順を行います。

    • リストを作成するには、[新しいリストを作成] にリスト名を入力 次に [作成] をクリックします。

    • ブロックされている送信者リストとして既存のリストを使用するには、[使用できるリスト] でリスト名をクリックします。

  7. リスト名にカーソルを合わせ、[編集] 次に 追加アイコン  をクリックします。

  8. メールアドレスまたはドメイン名を入力します。複数入力する場合は、カンマまたはスペースで区切ります。

  9. [保存] をクリックします。

  10. (省略可)リストにメールアドレスやドメインをさらに追加するには、上の手順を繰り返します。

アドレスリストの使い方について詳しくは、Gmail の設定でアドレスリストを使用するをご覧ください。

手順 2:(省略可)デフォルトの拒否通知を編集する

[デフォルトの拒否通知を編集] に、拒否通知文を入力します。

手順 3:(省略可)リストに例外を追加する

例外リストを作成して送信者を承認することができます。他の設定でブロックが指定されていない限り、このリストに含まれるドメインまたはメールアドレスから送信されたメールはブロックされません。承認されている送信者からのメールがウィルスに感染している場合やメール攻撃の一端である場合、Google のウィルス フィルタによりメールはユーザーに配信されません。

Gmail では、アドレスまたはドメイン名をメッセージ ヘッダーの From 部分と照合します。エンベロープ送信者(メッセージ ヘッダーの Return-Path セクション)は使用しません。そのため、From の送信者が、リスト内のアドレスまたはドメインと一致する必要があります。

  1. [オプション] で、[これらの承認済み送信者リストに含まれているアドレスやドメインから受信したメールにはこの設定を適用しない] チェックボックスをオンにします。

  2. [既存のリストを使用するか、新しいリストを作成してください] をクリックします。

  3. 次のいずれかの手順を行います。

    • 既存のリスト名をクリックします。

    • [新しいリストを作成] に新しいリストの名前を入力 次に [作成] をクリックします。

  4. リスト名にカーソルを合わせ、[編集] 次に 追加アイコン  をクリックします。

  5. メールアドレスやドメイン名を入力します。複数入力する場合は、スペースかカンマを使用して区切ります。

  6. (省略可)認証が有効になっていない承認済み送信者に設定を適用しない場合は、[送信者の認証を要求する] チェックボックスをオフにします。

    : なりすましに利用される可能性があるため、この設定の使用には注意が必要です。

  7. [保存] をクリックします。

ただし、他の設定によってメールがブロックされる可能性はあります。また、承認済みの送信者からのメールがウィルスに感染している場合やメール攻撃の一端である場合、Google のウィルス対策機能によりメールはユーザーに配信されません。

関連トピック

ステップ 4: 設定を追加して保存する
  1. [設定を追加] または [保存] をクリックします。

    新しい設定が Gmail の [詳細設定] ページに表示されます。

  2. ページの下部にある [保存] をクリックします。

ポリシーが反映されるまでには、最長で 1 時間ほどかかることがあります。行った変更は管理コンソールの監査ログで確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。