組織部門へのユーザーの移動

Google 管理コンソールに登録されたユーザーはそれぞれが組織部門に所属し、その組織部門によって利用できる機能やサービスが決まります。既定では、すべてのユーザーはアカウントの最上位組織に所属していますが、作成した下位組織にユーザーを移動することもできます。移動すると、その下位組織向けの機能とサービスのアクセス権がユーザーに付与されます。

多数のユーザーを管理している場合や、LDAP ディレクトリを同期している場合

アクセス グループを使用すると、組織部門のユーザーに対してサービスをオンにすることができます。組織に対してサービスをオフにしてから、サービスがオンになっているアクセス グループにユーザーを追加します。これにより、組織構造を変更することなくサービスへのアクセス権をユーザーに付与できます。詳しくは、アクセス グループについてのページをご覧ください。

ユーザーを移動する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. 必要に応じて、[ユーザー] のリストの左上にある 開く をクリックして組織ツリーを開きます。
  4. 現在ユーザーが所属している組織をクリックします。移動していないユーザーは最上位組織に所属しています。

    ヒント: ユーザーが所属する組織がわからない場合は、ユーザーのプロフィール ページを確認します。

  5. (ユーザーのプロフィール ページを確認した場合は、この手順をスキップしてください)。
    • 1 人のユーザーを移動するには、[ユーザー] のリストでユーザーを探し、そのユーザーのチェックボックスをオンにします。
    • 複数のユーザーを移動するには、[ユーザー] のリストで移動する各ユーザーのチェックボックスをオンにします。
  6. 上部にある組織部門を変更アイコン Move をクリックします。
  7. ダイアログ ボックスで新しい組織を選択し、[続行] をクリックします。
  8. 確認メッセージで、ユーザーの組織移動についての情報を確認します。
  9. [変更] をクリックします。

次のステップ

組織部門へのポリシーの適用

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。