検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

マルチドメインに関する制限事項

管理対象の Google アカウントにドメインを追加する際は、プライマリ ドメインとセカンダリ ドメインを正しく設定するために、いくつかの制限事項があることに注意する必要があります。プライマリ ドメインとセカンダリ ドメインでの機能の違いについて、以下に説明します。

ヒント: Google では、プライマリ ドメインの名前が組織全体の名前として使用されます。この名前が、共有オプションで参照される組織名であり、ユーザーが目にする名前となります。他にもドメインを追加する場合は、より包括的な名前に組織名を変更することも可能です。

Google 管理コンソール

  • ドメインごとに異なるポリシーや設定を適用することはできません。 Google 管理コンソールのすべての設定は、アカウントに含まれるすべてのドメインに適用されます。
  • ドメインに指定できるロゴは 1 つだけです。アカウントに含まれるすべてのドメインのユーザーに同じロゴが表示されます。

ドメイン名とエイリアス

  • G Suite アカウントの統合はサポートされていません。複数のドメインを持つ組織が、ドメインごとに個別の G Suite アカウントを作成している場合がありますが、現在のところ、複数の G Suite アカウントを 1 つのマルチドメイン アカウントに統合することはできません。
  • ドメイン エイリアスからの移行はサポートされていません。 プライマリ以外のドメインについてドメイン エイリアスをご利用の場合、現在のところ、そのドメイン エイリアスをマルチドメイン アカウントに変換することはできません。
  • 従来の G Suite(無償版)では、セカンダリ ドメインをサポートしていません。 従来の G Suite(無償版)ではドメイン エイリアスのみをサポートしています。セカンダリ ドメイン以外の点については、ドメイン エイリアスに関するすべての制限が適用されます。

アカウントへのアクセス URL

  • Google サービスにアクセスするためのグローバル URL を作成することはできません。 ユーザーが管理対象の Google アカウントにアクセスする際に使用する URL には、メールアドレスのドメイン名が含まれます(http://docs.google.com/a/subsidiaryA.com など)。すべてのドメインのユーザーが共有で使えるグローバル URL を提供することはできません。

Google ドライブ(G Suite のみ)

  • 共有相手を特定の 1 つのドメインのユーザーに制限することはできません。 共有オプションは、個別のドメインではなく組織全体(G Suite のエディションによっては組織部門)に基づく設定です。G Suite Business、G Suite for Education、または G Suite for Nonprofits をご使用の場合は、特定のドメインの全ユーザーが属する組織部門を作成してから、その組織部門に対して共有を制限することができます。

    1 つのドメインのユーザー(または任意のユーザー グループ)とドキュメントを共有するには、共有するすべてのユーザーが含まれる Google グループを作成し、そのグループとドキュメントを共有します。

Google サイト(G Suite のみ)

  • サイトを検索すると、ユーザーと同じドメイン内のサイトのみが検索結果として表示されます。 たとえば、セカンダリ ドメイン内のアドレスを使用しているユーザーは、プライマリ ドメインで作成されたサイトを見つけることはできません。
セカンダリ ドメインを削除すると、そのドメインで作成されたサイトもすべて削除されます。データの損失を回避するために、削除する予定があるドメイン上のすべてのサイトを他のドメインにコピーします。詳しくは、ウェブサイトを G Suite に移行する方法についての記事をご覧ください。

Google App Engine

  • Google App Engine を使用するアプリケーションは、プライマリ ドメインのユーザーのみが利用できます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。