Exchange または Office 365 から G Suite に移行する

Microsoft® Exchange から G Suite に移行する主な手順を以下に示します。G Suite への移行に役立つツール、リソース、おすすめの方法について詳しくは、各手順をクリックしてください。

データを移行する手順

すべて開く   |   すべて閉じる

手順 1: G Suite に関する知識を深める

計画の段階から導入後のユーザー サポートの提供に至るまで、G Suite の試験的導入または全面的導入を管理するための各種リソースについては、組織向けに G Suite を設定するをご覧ください。

手順 2: G Suite でユーザー アカウントを追加する

G Suite ユーザーがユーザー アカウントを持っていることを確認します。

  • ユーザー数が少ない場合は、Google 管理コンソールで個別に追加できます。ユーザーを個別に追加するをご覧ください。
  • カンマ区切り値(CSV)ファイルを使用すれば、複数のユーザーを一度に追加できます。複数のユーザーをまとめて追加するをご覧ください。
  • 既存の LDAP ディレクトリ内のユーザーデータを G Suite アカウントと同期するには(グループ、連絡先、組織も同期します)、Google Cloud Directory Sync を使用します。
  • Active Directory® などの既存の LDAP ディレクトリのデータを使って多数のユーザーをプロビジョニングするには、G Suite Admin SDK Directory API を使用します。
手順 3: G Suite へのメール配信を設定する

次に、G Suite アカウントにメールが送信されるように Exchange サーバーを設定します。この設定により、組織が G Suite に移行中のときも、ユーザーは Exchange メール アカウントに送信されたメールを引き続き受け取ることができます。

最も簡単な方法は二重配信を設定することです。二重配信を使用すれば、受信メールは引き続き Exchange サーバーに配信され、そこで各メールが処理されてコピーが G Suite に転送されます。この設定の場合、ドメインの MX レコードを変更する必要はありませんが、場合によっては G Suite で予備のメールアドレスを設定する必要が生じることがあります。

Exchange サーバーを使用して二重配信を設定する方法について詳しくは、既存サーバーをプライマリ サーバーとして設定するをご覧ください。

関連トピック

メールのルーティングと配信

手順 4: 以前のシステムから G Suite にデータを移行する

以前のシステムから G Suite にメール、カレンダー、連絡先などのデータを移行することもでき、そうした作業に役立つさまざまなツールが用意されています。

目的

方法

ユーザーに代わって次のいずれかからメール、カレンダー、連絡先を移行する

  • Exchange Server 2010、2013、2016

G Suite Migrate(ベータ版)

G Suite の特権管理者である必要があります

ユーザーに代わって次のいずれかからメール、カレンダー、連絡先を移行する

  • Exchange Online(Office 365®

データ移行サービス

G Suite の特権管理者である必要があります

ユーザーに代わって次のいずれかからメール、カレンダー、連絡先を移行する

  • Exchange Server 2007

  • PST アーカイブ

G Suite Migration for Microsoft Exchange(GSMME)

G Suite の特権管理者である必要があります

ユーザーが自分の Exchange データを移行できるようにする

注: ユーザー数が 20 人以下の場合に推奨されます。

G Suite Migration for Microsoft Outlook®(GSMMO)

  1. 組織の GSMMO を設定します

    G Suite の特権管理者である必要があります

  2. GSMMO の実行方法をユーザーに説明します。

G Suite アカウントと Outlook の間でメール、カレンダー、連絡先、メモ、タスクを同期する

G Suite Sync for Microsoft Outlook(GSSMO)
手順 5: G Suite の環境を設定する

Exchange から移行したユーザーが G Suite にスムーズになじめるよう、以前のシステムに似た環境を設定することができます。このセクションでは、Exchange のいくつかの機能を G Suite で設定する方法を説明します。

ユーザーは Outlook やその他のメール クライアントを引き続き使用できますか?

はい。G Suite Sync for Microsoft Outlook(GSSMO)を設定して、G Suite のメール、カレンダー、連絡先に Outlook からアクセスできるようにすることができます。GSSMO によって G Suite と Outlook の間ですべてのデータが同期されます。詳しくは、ユーザー向けに G Suite for Outlook を設定するをご覧ください。

また、G Suite はモバイル デバイスを含め、IMAP を使用するあらゆるメール クライアントをサポートしています。詳しくは、IMAP を使用して他のメール クライアントで Gmail をチェックするをご覧ください。

ユーザーが別のユーザーに代わってメールを送信することはできますか?

はい。管理者が Google 管理コンソールでその機能を有効にしていればできます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Gmail] 次に [ユーザー設定] にアクセスします。
  3. [メールの委任] にある [ドメインの他のユーザーにメールボックスへのアクセスを委任できるようにする] チェックボックスをオンにします。
  4. [保存] をクリックします。
  5. メールの委任の設定を確認するようユーザーに指示します。

共有の連絡先のグローバル アドレス帳を作成することはできますか?

はい。ドメイン内のすべてのユーザーとグループは、自動的にグローバル アドレス帳に追加されます。エントリを追加するには、Shared Contacts API を使用します。

共有カレンダーは作成できますか?

はい。管理者がその機能を有効にしていればできます。

  1. カレンダーの可視性と共有の項目を設定するをご覧ください。
  2. (省略可)組織のカレンダーを作成する方法については、グループ カレンダーを作成して共有するをご覧ください。
  3. カレンダーを共有するようユーザーに指示します。他のユーザーとカレンダーを共有するをご覧ください。

G Suite Sync for Microsoft Outlook(GSSMO)を使用すると、Outlook と G Suite の間でユーザーのカレンダーが同期されます。ユーザーはどちらか一方でカレンダーを作成して、もう一方で表示することができます。GSSMO を使用してカレンダーを共有するをご覧ください。

パブリック フォルダを作成するにはどうすればよいですか?

G Suite では、Exchange で使われているパブリック フォルダはサポートしていません。ただし、Google グループを使用して共同トレイを作成するか、Google ドライブのファイルとフォルダの共有を使用して、類似の機能を実装することはできます。

手順 6: ユーザーのトレーニングを実施する

G Suite への移行を成功に導くには、切り替えの前にユーザーのトレーニングを行います。詳しくは、以下を参照してください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。