DKIM を使用してメールを認証する

3. DKIM 署名を有効にする

送信メールのなりすましを防ぐ

ドメインキーを生成してドメイン レコードに追加したら、DKIM 署名を有効にします。

ドメインで DKIM 署名を有効にしなかった場合は、デフォルトの DKIM 署名が Gmail で使用されます。詳細

DKIM 署名を有効にする前に

メールの署名を有効にする前に、DKIM キーでドメインの DNS レコードを更新します。メールの署名を有効にすると、Gmail で DKIM ドメインキーの有無が確認されます。DKIM ドメインキーが見つからない場合、Gmail に警告メッセージが表示されます。DNS レコードの更新が反映されるまで、最長で 48 時間かかることがあります。

DKIM 署名を開始する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Gmail] にアクセスします。
  3. [メールの認証] をクリックします。
  4. メールの署名を開始するドメインを選択します。

    このページには、選択したドメインのメールの署名に関するステータスが表示されます。

  5. [認証を開始] をクリックします。
  6. DKIM 署名が有効であることを確認するために、Gmail や G Suite のユーザーの誰かにメールを送信します。テストメールを自分自身に送ってテストすることはできません。
  7. 受信者の受信トレイのメールを開きます。
  8. [返信] の横にあるその他アイコン  をクリックし、[メッセージのソースを表示] を選択します。

    メッセージ ヘッダー全体が表示されます。

  9. ヘッダー内の「DKIM-Signature」で始まる行を探します。以下に例を示します(「d」は送信ドメイン、「s」は署名ドメインをそれぞれ表します)。

    DKIM-Signature: v=1; a=rsa-sha256; c=relaxed/relaxed; d=mydomain.com; s=google;

    メッセージ ヘッダーにこの行があれば、DKIM 署名は有効な状態です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。