管理コンソールで DKIM 署名を有効にする

DKIM を設定してメールのなりすましを防ぐ

ドメイン プロバイダでドメイン鍵を追加したら、Google 管理コンソールで DKIM 署名を有効にします。DKIM 署名を有効にすると、メールは DKIM で認証されます。

重要: DNS TXT レコードの更新が反映されるまでに、最長で 48 時間ほどかかることがあります。DNS TXT レコードの更新前に DKIM 署名を有効にしても、Gmail で DKIM ドメイン鍵は見つかりません。

Turn on DKIM signing

ドメイン プロバイダで DKIM 鍵を追加したら、Google 管理コンソールで DKIM 署名を有効にします。

DKIM 署名を有効にする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gmail] にアクセスします。
  3. [メールの認証] をクリックします。
  4. メールの署名を開始するドメインを選択します。このページには、選択したドメインのメールの署名に関するステータスが表示されます。
  5. DKIM でメールの認証を開始するには、[認証を開始] ボタンをクリックします。DKIM の設定が完了して正しく機能すると、ページ上部のステータスが [メールを認証] に変わります。
    重要: 認証を開始した後も、Google 管理コンソールの DKIM のページには引き続き [このドメインの DNS レコードを更新する必要があります] というメッセージが表示される場合があります。メールの認証が開始されるまでに最長で 48 時間ほどかかることがあるためです。ステータスが [メールを認証] に変われば、DKIM の設定は完了です。
  6. DKIM 署名が有効であることを確認するために、Gmail または Google Workspace ユーザーにメールを送信します。テストメールを自分自身に送って DKIM の設定をテストすることはできません。
  7. 受信者の受信トレイで該当のメールを開きます。
  8. [返信] の横にあるその他アイコン 次に [メッセージのソースを表示] をクリックし、メッセージ ヘッダー全体を表示します。
  9. メッセージ ヘッダーに「DKIM-Signature」で始まる行があれば、DKIM 署名は有効です。

    DKIM-Signature: v=1; a=rsa-sha256; c=relaxed/relaxed; d=solarmora.com; s=google;

上の例では、solarmora.com は送信ドメイン、google は署名ドメインを表します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false