Gmail での迷惑メールや不正行為に関する規定

不正行為を報告するには不正行為の報告をご覧ください。

Gmail アカウントを登録する際には、アカウントを使用して迷惑メールの送信やウイルスの拡散などの不正行為を行わないことに同意していただく必要があります。これは Google Workspace 利用規定に定められているため、ドメイン内のユーザー全員の同意が必要です。

Gmail ユーザーがこの規定に違反した場合、Google はそのユーザーのアカウントを直ちに停止する権限を有します。また、この問題がドメイン全体に及んでいる場合、Google はそのドメインのアカウント全体を停止し、管理者による Google Workspace サービスへのアクセスを一切拒否する権限を有します。このような措置をとる場合は、ドメイン管理者の予備のメールアドレス宛てにお知らせをお送りします。

ドメインの内外を問わず、この規定に違反している Gmail ユーザーを発見された場合は、abuse@[ドメイン名].com または postmaster@[ドメイン名].com 宛てにメールでご報告ください。[ドメイン名].com には、実際に不正行為が行われているドメイン名が入ります。Google では、Google Workspace に登録されているすべてのドメインについて、これらのアドレスをモニタリングしています。

abusepostmaster は予約されたエイリアスであるため、ユーザー名やエイリアスにはご利用いただけません。ただし、これらのエイリアスに登録しておくことで、そのアドレスに送信されたメールをすべて受け取ることができます(詳細)。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。