DKIM を使用してメールを認証する

サブドメインの DNS レコードの更新

この記事では、ご利用のドメイン プロバイダでサブドメインに TXT レコードを直接追加することが許可されていない場合に、サブドメインの DKIM を設定する方法について説明します。

サブドメインを使用してメールを送信することは企業でよく行われています。たとえば、ドメインが solarmora.com の場合、mail.solarmora.com というサブドメインからメールを送信することがあります。

ドメインの場合と同じ方法で、サブドメインに DKIM TXT レコードを直接追加できる場合があります。ただし、一部のドメイン プロバイダでは、サブドメインの TXT レコードの追加が許可されていません。そのような場合、サブドメインの DKIM を使用するには、変更を加えた TXT レコードを親ドメインに追加します。

手順 1: ドメインの TXT レコードの名前と値を取得する

この手順は管理コンソールで行います。

  1. ドメインの DKIM 鍵を生成するの手順に沿って、TXT レコード名と TXT レコード値を取得します。名前と値は書式なしテキスト ファイルにコピーできます。
  2. TXT レコード名の末尾にピリオド(.)とサブドメインの名前を追加して、TXT レコードの名前を変更します。

    サブドメインは、鍵を作成したドメインである必要があります。たとえば、サブドメインが mail.solarmora.com の場合は、TXT レコードを google._domainkey.mail に変更します。

手順 2: TXT レコードをドメインに追加する

この手順は、ドメイン プロバイダのコンソールまたはダッシュボードで行います。

ドメイン プロバイダによってダッシュボードが異なるため、TXT レコードを入力する方法は異なります。ほとんどのドメイン プロバイダでは、TXT レコード名が最初の欄で、TXT レコード値が 2 番目の欄になります。

  1. ドメインの管理ダッシュボードにログインします。
  2. ドメインの DNS レコードを更新するページを探します。
  3. DKIM の新しい DNS レコードを追加します。
    • 最初の欄に、サブドメインの TXT レコード名を入力します(例: google._domainkey.mail.)。

      注: TXT レコード名の末尾のピリオドを必ず含めてください。

    • 2 番目の欄に、管理コンソールの [TXT レコードの値] の下に表示される値を入力します。

      注: 値を入力するとエラーが表示される場合は、TXT レコード値の制限をご覧ください。

  4. 変更を保存します。

TXT レコード値の制限

一部のドメイン プロバイダでは、2,048 ビット長のドメイン鍵がサポートされていても、TXT レコード値のサイズが 255 文字に制限されています。この場合、DKIM 鍵を DNS レコードに 1 つのテキスト文字列として入力することはできないため、

DKIM 鍵を複数のテキスト文字列に分割し、それぞれを引用符で囲んで TXT レコード値の欄にまとめて入力します。次の例では、長い DKIM 鍵を 2 つのレコードに分割し、各レコードを引用符で囲んでいます。

"k=rsa; p=MIIBIjANBgkqhkiG9w0BAQEFAAOCAQ8AMIIBCgKCAQEAraC3pqvqTkAfXhUn7Kn3JUNMwDkZ65ftwXH58anno/bElnTDAd/idk8kWpslrQIMsvVKAe+mvmBEnpXzJL+0LgTNVTQctUujyilWvcONRd/z37I34y6WUIbFn4ytkzkdoVmeTt32f5LxegfYP4P/"

"w7QGN1mOcnE2Qd5SKIZv3Ia1p9d6uCaVGI8brE/7zM5c/zMthVPE2WZKA28+QomQDH7ludLGhXGxpc7kZZCoB5lQiP0o07Ful33fcED73BS9Bt1SNhnrs5v7oq1pIab0LEtHsFHAZmGJDjybPA7OWWaV3L814r/JfU2NK1eNu9xYJwA8YW7WosL45CSkyp4QeQIDAQAB"

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。