ユーザーごとの送信ゲートウェイの許可

ユーザーごとの送信ゲートウェイとは、ドメイン内のユーザーの送信メールを配信する、G Suite メールサーバー以外のメールサーバーのことです。

Gmail ユーザーは、追加のメールアドレスをアカウントに関連付けたり、独自の「送信元」アドレスを作成したりできます(詳しくは、ユーザーの操作手順についてのページをご覧ください)。

たとえば、user@yourdomain.com のユーザーが user.name@partnerdomain.com というメール アカウントも持っている場合、Gmail からメールを送信したりメールに返信したりする際に [From] 欄に表示するアドレスを選択できます。

デフォルトでは、ユーザーの送信メッセージはユーザーが選択した送信元メールアドレスに関係なく、G Suite メールサーバーによって配信されますが、user.name@partnerdomain.com のアドレスを使用したメールを partnerdomain.com のメールサーバーから配信したい場合もあります。こういった場合は、partnerdomain.com のメールサーバーを送信ゲートウェイとして使います。

送信ゲートウェイの使用を許可または禁止する理由

送信ゲートウェイの使用を許可する理由

送信ゲートウェイを使用すれば、Gmail などメールの作成に使用するクライアント アプリケーションの種類に関係なく、すべてのメールが同じ user.name@partnerdomain.com から配信されるようになります。受信者は、受け取ったメールが partnerdomain.com という正規のメールサーバーから配信されたことを知ることで、有効なメッセージであることを確認できます。partnerdomain.com のメールサーバーには、Gmail からそのドメインを使って送信されたメールも記録されます。同時に、partnerdomain.com から送信されたメールは、G Suite メールサーバーやドメインの送信ゲートウェイでは処理されません。

送信ゲートウェイを使用すれば、[From] 欄に代理送信者のアドレスが表示されません。ユーザーが G Suite メールサーバーを経由して代理送信者のアドレスからメッセージを送信する場合、受信者のメール アプリケーションによっては送信者の名前が「user.name@partnerdomain.com(user@yourdomain.com 代理)」と表示されることがあります。

詳しくは、送信ゲートウェイの設定方法についてのページをご覧ください。ユーザーが送信ゲートウェイのオプションを使用できるのは、管理者が Google 管理コンソールでこのオプションを許可した場合のみです(後述)。

送信ゲートウェイの使用を許可しない理由

送信ゲートウェイを使用して配信されたメッセージは、ドメインで指定された送信ゲートウェイを経由しません。ユーザーからのすべての送信メールが送信ゲートウェイを経由する必要がある場合は、送信ゲートウェイを指定するユーザーのオプションを無効にしてください。

送信ゲートウェイの使用を許可または禁止する

デフォルトでは、ユーザーは送信ゲートウェイを使用できません。代理送信を含むすべての送信メールが、G Suite メールサーバーから配信されます。

ユーザーに送信ゲートウェイの使用を許可するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次へ [G Suite] 次へ [Gmail] 次へ [詳細設定] にアクセスします。

    ヒント: [詳細設定] を表示するには、Gmail ページを最下部までスクロールします。

    注: G Suite のバージョンによっては、上記の設定は [アプリ] > [G Suite] > [Gmail の設定] > [エンドユーザーのアクセス] にあります。

  3. [ユーザーごとの送信ゲートウェイを許可] で、[メール ドメインの外部でホストされている「送信元」アドレスを設定した場合に、ユーザーに外部の SMTP サーバーを経由したメールの送信を許可します] をオンにします。

    このチェックボックスをオンにすると、アカウントに追加メールアドレスを関連付けているユーザーは、代替 SMTP サーバーの接続情報を入力できるようになります(詳しくは、ユーザーの操作手順についてのページをご覧ください)。
    このチェックボックスがオフの場合、ユーザーは追加アドレスの SMTP サーバーを指定できません。

  4. 下部にある [保存] をクリックします。

変更がユーザー アカウントに反映されるまでには、最長で 1 時間ほどかかる場合があります。

このオプションが有効になると、ユーザーは代替メールアドレスに送信ゲートウェイを使用するように設定できます。ユーザーが各自でこのオプションを設定する必要があります。詳しくは、ユーザーの操作手順についてのページをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。