ユーザーごとの送信ゲートウェイの許可

「ユーザーごとの送信ゲートウェイ」とは、ドメイン内のユーザーからのメールを送信する、G Suite のもの以外のメールサーバーのことです。

Gmail では、ユーザーがアカウントに追加のメールアドレスを関連付けたり、独自の送信元アドレスを設定したりできます(方法について詳しくは、こちらの記事をご覧ください)。

たとえば、user@yourdomain.com のユーザーが user.name@partnerdomain.com というメール アカウントも持っている場合、Gmail からメールの送信や返信を行う際にどちらのアドレスを送信元とするかを選択することができます。

どちらの送信元メールアドレスを選択したかにかかわらず、デフォルトでは G Suite のメールサーバーによってメールが送信されます。ただし、user.name@partnerdomain.com のアドレスを使用したメールは partnerdomain.com のメールサーバーから送信されることをユーザーが希望している場合には、partnerdomain.com のメールサーバーが送信ゲートウェイとなるように設定することが可能です。

送信ゲートウェイのメリット、デメリット

送信ゲートウェイのメリット

送信ゲートウェイを使用することで、メール作成に Gmail を使用する場合でも別のメール クライアント アプリケーションを使用する場合でも、すべてのメールを同じ user.name@partnerdomain.com から送信できます。受信者は、メールが partnerdomain.com の正規のメールサーバーから届いたものであることを確認することで、そのメールが有効なものであると検証できます。また、partnerdomain.com のメールサーバーには、そのドメインから Gmail を使って送信されたメールの記録が残ります。なお、partnerdomain.com から送信されたメールは、G Suite のメールサーバーおよびお使いのドメインの送信ゲートウェイでは処理されませんのでご注意ください。

送信ゲートウェイを使用すれば、[From] 欄に代理送信者のアドレスが表示されません。ユーザーが G Suite のメールサーバー経由で予備の送信元アドレスからメールを送信した場合、受信者のメール アプリケーションによっては、送信元に「user.name@partnerdomain.com(user@yourdomain.com の代理)」のように表示されることがあります。

送信ゲートウェイの設定方法について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。ユーザーが送信ゲートウェイのオプションを使用できるのは、管理者が Google 管理コンソールでこのオプションを許可した場合のみです(後述)。

送信ゲートウェイのデメリット

送信ゲートウェイを使用して配信されたメッセージは、ドメインで指定された送信ゲートウェイを経由しません。ユーザーからのすべての送信メールが送信ゲートウェイを経由する必要がある場合は、送信ゲートウェイを指定するユーザーのオプションを無効にしてください。

送信ゲートウェイの使用を許可または禁止する

デフォルトでは、ユーザーは送信ゲートウェイを使用できません。代理送信を含むすべての送信メールが、G Suite メールサーバーから配信されます。

ユーザーに送信ゲートウェイの使用を許可するには:

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Gmail] 次に [エンドユーザーのアクセス] にアクセスします。

    ヒント: [エンドユーザーのアクセス] を表示するには、Gmail ページの一番下までスクロールします。

  3. [ユーザーごとの送信ゲートウェイを許可] で、[メールドメインの外部でホストされている「送信元」アドレスを設定した場合に、ユーザーに外部の SMTP サーバーを経由したメールの送信を許可] をオンにします。

    このチェックボックスをオンにすると、アカウントに追加メールアドレスを関連付けているユーザーは、代替 SMTP サーバーの接続情報を入力できるようになります。ユーザーが行う必要のある操作について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
    このチェックボックスがオフの場合、ユーザーは追加アドレスの SMTP サーバーを指定できません。

  4. 下部にある [保存] をクリックします。

設定がすべてのユーザー アカウントに反映されるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。

このオプションが有効になると、ユーザーは予備のメールアドレスで送信ゲートウェイが使われるように設定できます。ユーザーが各自でこのオプションを設定する必要があります。設定方法について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。