ユーザー向けに Gmail を設定する

G Suite 管理者は、Gmail のさまざまなユーザー向けオプションを管理できます。次の管理コンソールの設定を使用して、ユーザー向けに Gmail オプションをカスタマイズします。

  • ユーザー設定
  • エンドユーザーのアクセス

準備:

  • 設定を変更する前に、新しいユーザーまたはメールアドレスの追加の手順に沿ってユーザーを追加し、メールアドレスを付与します。
  • 設定が更新されるまでに、最長で 24 時間ほどかかることがあります。一度に多くの設定を変更すると、すべての変更が有効になるまでメールの配信に遅延が生じるおそれもあります。

ユーザー設定を行う

  1. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Gmail] 次に [ユーザー設定] にアクセスします。
  2. [組織部門] で、設定を変更する親組織または子組織部門をハイライト表示します。
  3. [ユーザー設定] ページで、目的の設定までスクロールします。目的の Gmail 設定を見つけるには、[ユーザー、グループ、設定を検索] テキスト ボックスに検索キーワードを入力する方法もあります。
  4. 設定をすべて更新したら、[変更を保存] をクリックします。

ユーザー設定

  • テーマ - ユーザーが Gmail の背景に独自のテーマを選択できるようにします。
  • 開封確認メッセージ - ユーザーがメールの開封確認メッセージを要求または返信できるようにします。
  • メールの委任 - ユーザーがドメイン内の別のユーザーにメールボックスへのアクセスを委任できるようにします。この設定を有効にすると、ユーザーは委任者を指定して、自分の Gmail アカウントへのアクセスを許可することができます。詳しい手順については、ユーザーのメール委任の設定手順に関する記事をご覧ください。
  • 名前の形式 - ユーザーの名前の形式を設定します。ユーザーがカスタマイズできるようにすることもできます。
  • Gmail ウェブ オフライン - ユーザーがオフライン時に Gmail を利用できるようにします。詳しくは、オフライン Gmail に関する記事をご覧ください。
  • 情報保護モード - ユーザーがメールを転送、コピー、印刷、ダウンロードできないようにします。ユーザーは、メールの有効期限を設定したり、メールへのアクセス権限を取り消したり、メールを開くのに SMS コードを必須にしたりすることもできます。詳しくは、情報保護モードに関する記事をご覧ください。
  • スマート作成のカスタマイズ - ユーザーがメールを作成しているときに、スマート作成のカスタム候補機能を使用できるようにします。この設定が有効になっている場合、ユーザーはカスタム候補を有効または無効にすることができます。詳しくは、スマート作成とカスタム候補に関する記事をご覧ください。

    重要: 管理コンソールでこの設定を変更した後、ユーザーに変更が反映されるには、ユーザーが Gmail アカウントをいったん閉じて開き直す必要があります。

  • 動的メール - ユーザーが Accelerated Mobile Pages(AMP)形式のメールを閲覧、操作できるようにします。AMP 形式のメールには、動的なインタラクティブ コンテンツが含まれます。詳しくは、動的メールの概要と、動的メールをユーザー向けに有効または無効にする方法に関する記事をご覧ください。
  • S/MIME - メール送受信での S/MIME 暗号化を有効にし、ユーザーが自身の証明書をアップロードできるようにします。

エンドユーザーのアクセスを設定する

  1. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Gmail] 次に [エンドユーザーのアクセス] にアクセスします。

    ヒント: [エンドユーザーのアクセス] を表示するには、Gmail ページの一番下までスクロールします。

  2. [組織部門] で、設定を変更する親組織または子組織部門をハイライト表示します。
  3. [エンドユーザーのアクセス] ページで、目的の設定までスクロールします。目的の Gmail 設定を見つけるには、[ユーザー、グループ、設定を検索] テキスト ボックスに検索キーワードを入力する方法もあります。
  4. 設定をすべて更新したら、[変更を保存] をクリックします。

エンドユーザーのアクセス

  • POP と IMAP アクセス - ユーザーに対して POP および IMAP を有効または無効にします。詳しくは、IMAP と POP アクセスに関する記事をご覧ください。
  • G Suite Sync - ユーザーが G Suite Sync for Microsoft Outlook プラグインを使用して、連絡先、カレンダー、メールのデータを同期できるようにします。
  • 自動転送 - ユーザーが受信メールを別のアドレスに自動転送できるようにします。詳しくは、自動転送を無効にするをご覧ください。
  • 画像 URL のプロキシ ホワイトリスト - (最上位組織のみ)プロキシ保護を迂回する内部 URL のホワイトリストの作成と維持管理を行います。詳しくは、画像 URL のプロキシ ホワイトリストの設定をご覧ください。
  • ユーザーごとの送信ゲートウェイを許可 - ユーザーが外部 SMTP 経由でメールを送信できるようにします。
  • 意図しない外部への返信に関する警告 - ユーザーが連絡先リストにない外部の宛先に返信するときに、警告を表示します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。