ユーザーに Gmail の設定を割り当てる

G Suite 管理者は、Gmail のさまざまなユーザー向けオプションを管理できます。下記の設定を使用して、組織の Gmail ユーザーのオプションを管理してください。

重要: Gmail の設定が各ユーザーのアカウントで変更されるまでには、最長で 1 時間ほどかかることがあります。多数の設定を行った場合は、まれにメールの遅延が発生することがあります。

Gmail のユーザー設定を行う

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Gmail] 次に [ユーザー設定] にアクセスします。
  3. [組織] で、最上位の組織または設定対象の組織部門(下位組織)をハイライト表示します。
  4. 目的の設定まで下にスクロールします。[設定項目を検索] テキスト ボックスに検索キーワードを入力して、目的の Gmail 設定を見つけることもできます。
  5. 設定を変更したら、[保存] をクリックして新しい設定や変更した設定を確定します。

Gmail のユーザー設定

エンドユーザーの設定

これらの設定はすべての組織に適用され、最上位組織でのみ設定と編集が可能です。

  • テーマ - ユーザーが独自のテーマを選択できるようにするかどうかを指定します。
  • 開封確認メッセージ - ユーザーが開封確認メッセージを要求または返信できるようにするかどうかを指定します。
  • 動的メール - ユーザーが AMP(Accelerated Mobile Page)形式のメールを閲覧し、操作できるようにします。AMP 形式のメールには、動的なインタラクティブ コンテンツが含まれます。詳しくは、AMP メールの概要Vault での扱いについての記事をご覧ください。なお、動的メールはデフォルトでは有効になっています。
  • メールの委任 - ユーザーがドメイン内の別のユーザーにメールボックスへのアクセスを委任できるようにします。
  • 名前の形式 - ユーザーの名前の形式を設定します。ユーザーが形式をカスタマイズできるようにすることも可能です。
  • S/MIME - メール送受信での S/MIME 暗号化を有効にし、ユーザーが自身の証明書をアップロードできるようにします。
  • スマート作成のカスタマイズ - ユーザーによるメール作成時のスマート作成のカスタマイズ候補を有効にします。この設定がオンの場合、ユーザーはカスタマイズ候補をオンまたはオフにできます。設定を変更する際、ユーザーの設定に反映されるまで時間がかかることがあります。ユーザーが変更を確認するには、Gmail のウェブアプリまたはモバイルアプリをいったん閉じて、再び開く必要があります。詳しくは、スマート作成とカスタマイズ候補についてのページをご覧ください。
エンドユーザーのアクセス
  • POP と IMAP アクセス: POP および IMAP でのアクセスを禁止するよう設定できます(IMAP と POP アクセスについての記事を参照)。
  • Outlook と BlackBerry のサポート: ユーザーが G Suite Sync と G Suite Connector を使用できるようにします。
  • 自動転送: ユーザーが受信メールを別のメールアドレスへ自動転送することを許可するかどうかを指定します(自動転送を無効にするを参照)。
  • オフライン Gmail: ユーザーがオフライン Gmail を使用できるようにします。
  • ユーザーごとの送信ゲートウェイを許可: ユーザーが外部 SMTP 経由でメールを送信できるようにします。
  • 画像 URL のプロキシ ホワイトリスト: (最上位組織のみ)プロキシ保護を迂回する内部 URL のホワイトリストの作成と維持管理を行います([画像 URL のプロキシ ホワイトリスト] の設定を参照)。
Gmail の詳細設定ページの各項目の利用方法

Gmail の [詳細設定] ページの各項目は、組織のニーズに合わせて設定します。[セットアップ] と [エンドユーザーのアクセス] の項目は、チェックボックス、ラジオボタン、テキスト ボックスを使って直接変更することができます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。