ユーザーのライセンスを別のサブスクリプションに変更する

複数の Google ドライブのストレージ容量など、1 つの Google サービスに対して複数のサブスクリプションをお持ちの場合は、別のサービスのサブスクリプションにライセンスを割り当てることで、ユーザーのライセンス設定を変更することができます。この場合、ユーザーに元々割り当てられていたライセンスは解放されます。

注:

  • ユーザーのライセンスを変更してから別のユーザーに割り当てられるようになるまでに、最長で 24 時間ほどかかる場合があります。
  • ライセンスの割り当てをあるユーザーから別のユーザーに変更する場合は、最初のユーザーのライセンスを削除してから、次のユーザーに割り当てます。詳しくは、ライセンスの割り当て、削除、再割り当てをご覧ください。

ユーザーのライセンスの種類を変更する

[ユーザー] リストページでライセンスを変更する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. ライセンスを変更するユーザーのチェックボックスをオンにします。
  4. 上部にある [その他] 次に [ライセンスを割り当てる] をクリックします。
  5. 複数のサブスクリプションが利用可能なサービスの場合は、サービス名の横に矢印が表示されます。下矢印アイコン "" をクリックしてサブスクリプションのリストを展開します。
  6. 割り当てるサービスのサブスクリプションのライセンスをクリックします。
  7. 手順 5 と 6 を繰り返して、別のサービスのサブスクリプションを変更します。
  8. [割り当て] をクリックします。こうすると、現在ユーザーに割り当てられているライセンスの種類が新しいライセンスの種類に変わります。
個々のユーザーの詳細ページでライセンスを変更する
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. ライセンスを変更するユーザーの名前をクリックします。
  4. ユーザーの詳細ページでスクロールして、[ライセンス] をクリックして展開します。
  5. サービス名をクリックします。サービスで複数のサブスクリプションが利用可能の場合は、矢印が表示されます。
  6. 下矢印アイコン "" をクリックして、利用可能なサブスクリプションを表示します。
  7. 必要なサブスクリプションをクリックします。これで現在ユーザーに割り当てられているライセンスの種類が新しいライセンスに置き換えられます。
  8. 他のサービスのサブスクリプションを変更するには、手順 5 から 7 を繰り返します。
  9. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。