ユーザーに新機能をリリースするタイミングを選択する

: Google では以下のプロセスに沿ってサービスや機能をリリースするよう最大限に努めています。ただし、すべての更新が本ガイドラインに沿って行われるとは限りません。Google は、プロセスをいつでも変更できる権利を有します。

G Suite の新機能を使用するためにソフトウェアをインストールする必要はありません。ほとんどの新機能は、ユーザーのアカウントに自動的に表示されます。管理者は、リリース方式を選択することによって、発表後すぐに新機能を表示するか、または後にするかを選択できます。

ユーザーに影響する可能性のあるリリースについて詳しくは、G Suite の今後のリリース新しいリリースを確認するをご覧ください。

リリース方式を選択する

管理者は、即時リリース方式または計画的リリース方式のどちらをアカウントに設定するかを選択できます。

  • 即時リリース - 組織内のユーザーは、新機能が G Suite にリリースされるとすぐに確認できるようになります。つまり、基本的に、機能のリリースとほぼ同じタイミングで新機能が実装されます。
  • 計画的リリース(デフォルト設定) - 組織内のユーザーは、即時リリースされるドメインにリリースされた後、最短で 1 週間経ってから新機能を利用できるようになります。組織での受け入れ準備が整ってから機能をリリースすることができます。

即時リリース方式と計画的リリース方式のほとんどの機能は、複数の言語でご利用いただけます。

大規模な組織向けのヒント: 本番環境のアカウントに対しては計画的リリース方式をおすすめします。加えて、ユーザーが使用する前に新機能を試すため、テスト用のアカウントに対して即時リリース方式を適用すると効果的です。

リリース方式に基づいて展開されるサービス

通常、リリース方式に基づいて展開されるサービスには、ウェブ版の Gmail、Google Meet、カレンダー、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、グループ、Keep、Voice、サイトのサービスをご利用のユーザー向けの重要な変更が含まれます。

通常、以下のリリースにはリリース方式は適用されません。

  • ユーザーに影響しない管理機能
  • 管理者が管理するユーザー機能(管理者が機能を有効にする必要がある場合)
  • モバイル機能
  • サービスの大きな変更で上述以外のもの

展開ペース

機能が円滑に展開(ロールアウト)されるよう、各機能はその性質や複雑さに応じたペースでリリースされます。G Suite アップデート ブログに掲載される機能のリリースに関するお知らせでは、リリース方式ごとの展開開始日と次の展開ペースが示されます。

  • 完全に展開(1~3 日で機能が実装されます)
  • 段階的に展開(最長 15 日で機能が実装されます)
  • 長期的に展開(15 日以上かけて機能が実装されます)

リリース方式を変更する

警告: 即時リリースから計画的リリースに切り替えると、即時リリースで展開されていた機能をユーザーが利用できなくなることあります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アカウント設定] 次に [設定] に移動します。
  3. [リリース設定] で [新機能] をクリックします。
  4. [即時リリース] または [計画的リリース] を選択します。
  5. [保存] をクリックします。

変更が反映されるまで最長で 24 時間ほどかかることがあります。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。