検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

    ユーザーに対する G Suite 機能のリリース方式を設定する

    G Suite に新機能がリリースされると、ユーザーのアカウントにそれらの機能が自動的に表示されます。ソフトウェア アップグレードをインストールする必要はありません。新機能* をユーザーに展開する時期を管理者が遅らせたい場合の設定も簡単です。展開時期を調整することで、管理者が最初に新機能を試してから、ユーザーに変更点についてのトレーニングを行うことができます。新機能を後日導入する場合は、計画的リリースを選択します(詳しくは以下をご覧ください)。

    リリース情報を知る方法については、G Suite の最新のリリース情報をご覧ください。

    2 種類のリリース方式

    • 計画的リリース(推奨) - 組織内のユーザーは、一般ユーザー向けリリースの 1 週間後以降から新機能を利用できるようになります。このリリース方式を選ぶと、ユーザーの受け入れ準備が整ってから機能をリリースすることができます。
    • 即時リリース - 組織内のユーザーは、一般ユーザー向けリリースと同じタイミングで新機能を利用できるようになります。なお、機能の品質についてはテストで保証されています。

    おすすめの設定: 組織内のユーザーに対しては計画的リリースを選択します。そのうえで、ユーザーが使用する前に新機能を試すために、G Suite テスト アカウントに対して即時リリースを設定します。テスト用の G Suite アカウントの作成には、別のドメインが必要です。

    リリース方式を選ぶ

    警告: 即時リリースから計画的リリースに切り替えた場合、そのときに即時リリースに設定されていた機能をユーザーが利用できなくなる可能性があります。G Suite リリース カレンダーを参照し、現在即時リリースに設定されている機能をご確認ください。

    1. Google 管理コンソールログインします。

      管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

    2. 管理コンソールのダッシュボードから [会社プロフィール] > [プロフィール] にアクセスします。
    3. [新しいユーザー機能] で [計画的リリース] または [即時リリース] をオンにします。
    4. [保存] をクリックします。

    変更が反映されるまで最長で 24 時間ほどかかることがあります。

    管理コンソールの機能リリースについて

    上記で選択したリリース方式は、管理コンソールの新機能が表示される時期には影響しません。管理コンソールの新機能については、どちらのリリース方式を選択している場合でもすべての管理者に同時にリリースされます。

    展開ペース

    機能の展開が円滑に行われるよう、各機能はその性質や複雑さに応じたペースでリリースされます。G Suite アップデート ブログでは、各機能のリリースのお知らせで、次のいずれかの展開ペースが示されています。

    • 完全に展開(機能が表示されるまでに 1~3 日かかります)

      または

    • 段階的に展開(機能が表示されるまでに 3 日以上かかる可能性があります)

    *免責条項

    この記事で説明されている「G Suite のリリース方式」が適用されるのは、Gmail、Google カレンダー、Google ドライブ(Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドを含む)、Google グループ、Google サイトの各ウェブ版へのリリースに対してのみです。その他のサービスや Labs のリリース、およびモバイル向けのリリースには適用されません。Google はこのプロセスを遵守するよう最善の努力を払いますが、常に遵守することを保証するものではありません。Google は、リリース プロセスをいつでも変更できる権利を留保します。ほとんどの機能は、即時リリースと計画的リリースの両方を、複数の言語でご利用いただけます。

    この記事は役に立ちましたか?
    改善できる点がありましたらお聞かせください。
    アカウントにログインする

    ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。