会社のアドレス(@会社名)で Gmail を設定する

組織の G Suite チームで Gmail をご利用いただくための手順をご案内します。G Suite にお申し込みになりドメインの所有権をご確認いただくと、職場や学校のアドレスを Gmail で利用できるようになります。手順は次のとおりです。

設定に関するその他のヘルプ: クイック スタートガイドを表示

G Suite 管理者が行うこと

  1. ユーザー アカウントを作成する
    組織で Gmail を使用する予定のユーザーそれぞれに、G Suite アカウントが必要です。

    アカウントを作成すると、G Suite にログインするための名前とパスワード、組織のドメインのメールアドレスが各ユーザーに付与されます。

  2. メールが Google サーバーに送信されるように MX レコードを設定する
    Gmail に移行する準備ができたら、ドメインの MX レコードを Google サーバーにリダイレクトします。この設定は、ドメインで Gmail を使用するユーザー アカウントを作成した後に行います。

    高度な導入: 試験運用の場合など、既存のメールサービスと並行して Gmail を導入する場合は、高度なメール配信設定についての記事をご覧ください。

  3. 既存のメールを G Suite に読み込む

    従来のメールシステムから G Suite にユーザーのメールを読み込む方法をご確認ください。

  4. 送信者を SPF で認証する
    会社のアドレスからメールを送信したように偽装されること、および実際に会社のドメインから送信した正当なメールが迷惑メールと誤認されることを防ぐために、ドメインの DNS 設定に SPF レコードを追加します。

    SPF レコードを追加しないと、ユーザーが Gmail から送信したメールが受信者側の迷惑メール検疫に入れられてしまう可能性があります。今すぐ SPF レコードを追加

  5. なりすまし、フィッシング、迷惑メールの防止を支援する

    SPF レコードを追加するほか、偽装された迷惑メールとなりすましの対策を強化することもおすすめします。上のリンクをクリックして、おすすめの対応方法をご確認ください。

  6. 他のドメイン名を追加する
    複数のドメイン名を所有している場合、それらをすべて G Suite アカウントに追加し、ユーザーが複数のドメインのアドレスを持てるようにすることができます。
  7. Gmail のウェブアドレスをカスタマイズする
    ユーザーがアドレス mail.[会社名].com を使用して Gmail ページに直接アクセスできるようにします。
  8. 組織で使用する統合型 Gmail を設定する
    ユーザーがメール、チャット、ビデオ会議に、使い慣れた Gmail から簡単にアクセスできるようにします。
  9. ユーザー向けのビジネス オプションをカスタマイズする
    オフライン アクセス、開封確認、メールの委任など、ユーザーに使用を許可する Gmail のその他の機能を有効にします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。