グループを別のグループに追加する

この機能を使用するには、ビジネス向け Google グループをオンにする必要があります。

管理者は、すでにある複数のグループに一連のメンバーを追加する場合があります。そうした場合に手間を省くには、各グループに個々のメンバーを追加する代わりに、子グループを作成して既存のグループに追加します。

既存のグループは親グループと呼ばれます。追加されたグループは、ネストされたグループまたは子グループと呼ばれます。

ネストされたグループを使用すると、親グループに投稿したメッセージが子グループにも投稿されるという利点があります(ただし、子グループの投稿権限で許可されている必要があります)。また、同じ子グループを含む親グループが複数ある場合は、子グループを編集することで親グループのメンバーを簡単に追加または削除できます。

ネストされたグループの権限の仕組み

ネストされたグループ(子グループ)には以下のルールが適用されます。

  • 子グループのメンバーは親グループの直接のメンバーではない - 子グループのメンバーは親グループには属していないため、親グループを離れたり、親グループのメンバー設定を変更したりすることはできません。
  • 子グループのメンバーは親グループの一部の権限を継承する - Google ドキュメントが親グループと共有されている場合は、子グループのメンバーもそのドキュメントにアクセスできます。また、親グループのメンバーがグループのメタデータを管理できる場合は、子グループのメンバーもメタデータを管理できます。
  • 子グループのメンバーは親グループに投稿できる - 親グループでグループのすべてのメンバーに投稿を許可している場合は、子グループのメンバーも親グループに投稿できます。
  • 子グループのメンバーは親グループに投稿されたメッセージを受信できる - 親グループに投稿されたメッセージを子グループのメンバーが受信できるようにする場合は、子グループの投稿権限の設定を [組織のすべてのメンバー] にします。この設定にしなかった場合、子グループのメンバーは親グループに投稿されたメッセージを受信できません。

グループを別のグループに追加する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[グループ] にアクセスします。

    [グループ] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. グループリストで、親グループになるグループにカーソルを合わせます。
  4. 親グループの行で、[メンバーの追加] をクリックします。
  5. 親グループに追加するグループの名前を入力します。注: グループ名が複数ある場合は、カンマで区切ります。
  6. [グループに追加] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。