Manage Google Groups settings for your organization

ビジネス向け Google グループを有効または無効にする

この記事は G Suite 管理者を対象としています。ご自身のグループを管理する場合は、Google グループのヘルプをご覧ください。

ビジネス向け Google グループは G Suite のコアサービスであり、組織に対する各種設定は、管理者が管理コンソールから行えます。ビジネス向け Google グループの設定と、ご利用の G Suite ライセンスの種類によって、組織内のユーザーが Google グループのインターフェース(groups.google.com)で行える操作が異なります。


すべて開く  |   すべて閉じる

ライセンス、設定、機能
ライセンス、設定、機能
G Suite ライセンス ビジネス向け Google グループの設定 groups.google.com から行える操作
任意の G Suite ライセンス オフ
  • 組織内のユーザーが Google グループの UI(groups.google.com)を使用することはできませんが、その他のサービスである「Google グループ」が組織で有効になっていれば、各自のアカウントから外部グループを閲覧することは可能です。詳しくは、その他の Google サービスをご覧ください。
  • ビジネス向け Google グループが無効になっている場合でも、管理コンソールまたは Groups API を使用すればメーリング リスト グループを作成することができます。
任意の G Suite ライセンス オン
  • グループの作成
  • グループのメンバーと役割の管理
  • グループの権限管理
  • グループ設定の表示、編集
  • グループの削除
G Suite Basic 以上 - G Suite Basic へのアップグレード オン
  • Google グループ UI でのメッセージ投稿
  • グループ メッセージのアーカイブ
  • グループ メッセージの管理
ビジネス向け Google グループを有効または無効にする

開始する前に: 特定のユーザーに対してサービスを有効または無効にするには: 部門ごとにアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントを組織部門に追加します。部門をまたがってユーザーのアクセスを管理するには、対象のユーザーのアカウントをアクセス グループに追加します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ビジネス向け Google グループ] にアクセスします。

    [アプリ] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 灰色のボックスの右上にあるサービスを編集アイコン 作成 をクリックします。
    左側に最上位組織と組織部門が表示されます。

  4. 組織に属するすべてのユーザーに対してサービスを有効または無効にするには、[オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] をクリックし、[保存] をクリックします。

  5. 組織部門のユーザーに対してのみサービスを有効または無効にするには:

    1. 左側で組織部門を選択します。
    2. [オン] または [オフ] を選択します。
    3. 親組織部門のサービス設定([オン] または [オフ])と同じにしたい場合は、[オーバーライド] をクリックします。
    4. 組織のステータスがすでに [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかを選択します。
      • 継承 - 親と同じ設定に戻します。
      • 保存 - 新しい設定を保存します(親組織の設定が変更された場合でも、新しい設定を維持します)。

    詳しくは、 組織部門についてのページをご覧ください。

  6. 組織部門全体または組織部門内の一部のユーザーに対してサービスを有効にするには、アクセス グループを使用します。詳しくは、グループに対するサービスの有効化についてのページをご覧ください。
通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、Google サービスへの変更の反映をご覧ください。  

注意事項

管理コンソールに既存のグループが登録されている場合

ビジネス向け Google グループをオンにすると、グループの公開設定に応じて、[グループ] コントロールを使用して作成した既存のグループが会社のグループ ディレクトリに表示されます(ただし、表示されるまでに最大で 6 時間ほどかかることがあります)。既存のグループでは、現在の共有設定が維持されます。詳しくは、管理グループのビジネス向け Google グループへの移行をご覧ください。

ビジネス向け Google グループを無効にする場合

ビジネス向け Google グループを無効にした場合:

  • 組織で Google グループの UI(groups.google.com/a/[ドメイン名].com)を使用することができないため、管理者および組織のユーザーは以下のような高度な機能を利用できません。
    • グループ ディスカッションのアーカイブ
    • メンバーと登録の設定
    • グループメールのフッター、件名のプレフィックス、メール管理の設定
  • 既存のグループは削除されません。管理者またはユーザーが作成したグループは G Suite アカウント内に残ります。グループへの投稿が許可されているユーザーは、メールでこれまでどおり投稿できます。グループを使用できないようにするには、グループを削除することも必要です。
  • 管理コンソールからのグループの管理は引き続き行えます。管理者はこれまでどおり、管理コンソールからアカウント内のすべてのグループにアクセスできます。
ビジネス向け Google グループを再びオンにする場合

ビジネス向け Google グループの使用を後日再開する場合は、次の点にご注意ください。

  • Google グループのインターフェースに再びアクセスできます - 管理者やユーザーは、groups.google.com/a/<ドメイン名>.com でグループの詳細設定にアクセスできます。

  • 削除したグループは復元されません - ビジネス向け Google グループを無効にした後に削除したグループは、復元できません。

  • アーカイブ メッセージに再びアクセスできます - メッセージのアーカイブがオンになっていたグループについては、グループ メッセージの投稿した時点でビジネス向け Google グループがオフになっていても、メッセージはアーカイブに保存されます。ビジネス向け Google グループのオンとオフを切り替えても、グループのメッセージ アーカイブには影響しません。ただし、メッセージ アーカイブにアクセスできるのは、ビジネス向け Google グループがオンの場合に限られます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。