ビジネス向け Google グループの有効 / 無効を設定する

従来の G Suite(無償版)をご利用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしていただく必要があります。

G Suite 管理者は、組織の管理アカウントでユーザーがビジネス向け Google グループを使用できるかどうかをコントロールすることができます。この設定は、Google 管理コンソールで特定のドメインや組織部門に対して、ビジネス向け Google グループの有効と無効を切り替えるだけで行えます。以前に管理コンソールのグループの機能をご利用になっていた場合でも、フォーラムやその他のビジネス向け Google グループの機能のご利用をご希望の場合は、このサービスを有効にする必要があります。それ以外の場合、Groups for Business は既定でオンになっていると考えられます。

Gmail が必要です。 Groups for Business をオンにする前に、メールがグループに配信されるように Gmail を有効にしてください。

Groups for Business の使用を許可する組織内のユーザーを制御するには

開始する前に: 特定のユーザーに対してサービスのオンとオフを切り替えるには、対象ユーザーを組織部門に配置します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[グループ] にアクセスします。

    [グループ] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 灰色のボックスの右上にあるサービスを編集アイコン 作成 をクリックします。
    左側に最上位組織と組織部門が表示されます。

  4. 個々の組織部門に設定を適用するには、次の操作を行います。

    • 左側で、設定変更の対象ユーザーが所属する組織部門を選択します。
    • [オン] または [オフ] を選択して設定を変更します。
    • [オーバーライド] をクリックすると、親の設定が変更された場合でも、設定がそのまま維持されます。
    • 組織のステータスがすでに [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかのオプションを選択します。
      継承 - 親と同じ設定に戻します。
      保存 - 親の設定が変更された場合でも、新しい設定を保存します。

    詳しくは、組織構造の仕組みをご覧ください。

通常、変更は数分で反映されますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。詳しくは、管理コンソールの設定が更新されないをご覧ください。

多数のユーザーを管理している場合や、LDAP ディレクトリを同期している場合

アクセス グループを使用すると、組織部門のユーザーに対してサービスをオンにすることができます。組織に対してサービスをオフにしてから、サービスがオンになっているアクセス グループにユーザーを追加します。これにより、組織構造を変更することなくサービスへのアクセス権をユーザーに付与できます。詳しくは、アクセス グループについてのページをご覧ください。

注意事項

既存の管理コンソール グループがある場合

Groups for Business をオンにすると、グループの公開設定に応じて、[グループ] コントロールを使用して作成した既存のグループが会社のグループ ディレクトリに表示されます(ただし、表示されるまでに最大で 6 時間ほどかかることがあります)。既存のグループでは、現在の共有設定が維持されます。詳しくは、管理グループの Groups for Business への移行をご覧ください。

ビジネス向け Google グループを無効にする場合

ビジネス向け Google グループを無効にする場合は、次の点にご注意ください。

  • 既存のグループは削除されません。管理者やユーザーが作成したグループは G Suite ドメイン内に残ります。このため、サービスが無効になる前にグループにメッセージを送信できていた場合、これまでどおりメッセージを送信することができます。グループ アドレスを使用できないようにするには、グループを削除することも必要です。
  • 既存のグループは管理コンソールに残ります。管理者は管理コンソール内のすべてのグループに引き続きアクセスできます。ただし、ユーザーに対しては、[マイ グループ] ページやグループ ディレクトリにグループが表示されなくなります。
  • Groups for Business の機能は使用できなくなります。Groups for Business サービスのみで提供される機能はグループで使用できなくなります。たとえば、次のような機能です。
    • グループ ディスカッション アーカイブ
    • メールのフッター
    • 件名のプレフィクス
    • カスタム返信先アドレス
    • メッセージの最大サイズ設定
    • メール ダイジェスト
    • メッセージの管理
    • 登録オプションと登録解除オプション
Groups for Business を再びオンにする場合

後から Groups for Business の使用を再び開始する場合は、次の点にご注意ください。

  • 設定とデータが復元されます。オフにしたときと同じグループの設定とデータを使用することができます。たとえば、ディスカッション アーカイブがあった場合、そのアーカイブは、Groups for Business をオフにした時点の状態に復元されます。
  • 削除したグループは復元されません。Groups for Business をオフにした後に削除したグループは復元されません。

次のステップ

ビジネス向け Google グループを有効にした後: チーム用にグループを設定します。

関連トピック

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。