ユーザーにグループの役割を割り当てる

Google グループやビジネス向け Google グループでユーザーをグループに追加したら、ユーザーに役割を割り当ててグループ内でできる操作を指定できます。同じ役割を複数のユーザーに割り当てることも可能です。一部の役割はビジネス向け Google グループでのみご利用いただけます。

グループの役割の種類

オーナー

管理者は自動的に組織のすべてのグループ(ユーザーが作成するグループを含む)のオーナーになります。オーナーの役割をユーザーに割り当てることはできますが、グループを別のグループのオーナーにすることはできません。また、Google アカウントをお持ちでないユーザーに、管理コンソールでオーナーの役割を割り当てることはできません。

ビジネス向け Google グループを使用する場合

グループを作成したユーザーは自動的にそのオーナーになりますが、必要に応じて管理者がオーナー権限を削除できます。グループのオーナーが行える操作は次のとおりです。

  • グループにメッセージを送信する
  • グループ メンバーを追加、削除する
  • メンバーの役割を変更する(例: メンバーからオーナーに変更)
  • グループの設定を変更する
  • グループを削除する

ビジネス向け Google グループを使用しない場合

組織の管理者は、オーナーとして上記のすべての操作を行えます。グループのオーナーであるユーザーは、グループへのメッセージの送信とメンバーの表示のみ可能です(グループに対するその他の管理権限はありません)。

マネージャー

マネージャーは、グループを削除することと、他のメンバーをオーナーにすることを除き、オーナーができる操作をすべて行えます。グループを別のグループのマネージャーにすることはできません。また、Google アカウントをお持ちでないユーザーに、管理コンソールでマネージャーの役割を割り当てることはできません。

メンバー

グループの設定によっては、メンバーがグループにメッセージを送信できます。ビジネス向け Google グループをご利用の場合、設定によってはメンバーが次の操作を行うことも可能です。

  • グループに登録する
  • グループのディスカッション アーカイブを閲覧する
  • グループのメンバーを表示する
  • グループから退会する
その他の役割

特定の権限を持つカスタムの役割を作成できます。詳しくは、カスタムの役割の作成についてのページをご覧ください。

ユーザーの役割を表示または変更する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[グループ] にアクセスします。

    [グループ] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. グループの名前 次に [メンバー] をクリックします。
  4. (省略可)メンバーのリストをフィルタするには、上部にある [フィルタを追加] をクリックしてフィルタを選択します。さらにフィルタするには、検索するテキストを入力して [適用] をクリックします。
  5. 変更するユーザーの [役割] で、下矢印アイコン 下矢印 次に 新しい役割をクリックします。
  6. 他のユーザーの役割を変更する場合は、この手順を繰り返します。
  7. 下部にある [保存] をクリックします。

複数のユーザーに同じ役割を割り当てる

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[グループ] にアクセスします。

    [グループ] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. グループの名前 次に [メンバー] をクリックします。
  4. 役割を変更する各ユーザーの横にあるチェックボックスをオンにします。
  5. 上部にある [一括変更] 次に [役割] をクリックします。
  6. 役割を選択して [適用] をクリックします。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。