検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

G Suite ディレクトリについて

G Suite ディレクトリを使用すると、組織のユーザーがグローバル ディレクトリで互いに連絡先情報を共有できます。それぞれのグローバル連絡先には、名前、メールアドレス、電話番号、従業員情報などを含めることができます。また、個人の連絡先を管理することもできます。これらの連絡先情報は、連絡先管理ツールを使用したり、メールやカレンダーの招待状にアドレスを入力したりするときに参照できます。

G Suite ディレクトリの使い方

  • 管理者がグローバル ディレクトリを管理する

    管理者がアカウントにユーザーを追加すると、そのユーザーの連絡先情報を、すべてのユーザーが使用できるグローバル ディレクトリに掲載できます。また、グローバル ディレクトリには外部の連絡先やカレンダー リソースを含めることもできます。グローバル ディレクトリはいつでもオンまたはオフにすることができます。

  • ユーザーが個人用の連絡先を管理する

    ユーザーも G Suite ディレクトリに個人用の連絡先を追加することができます。個人用のグループを作成し、1 つのアドレスで複数のユーザーとやりとりすることもできます。個人用の連絡先やグループは非公開であるため、他のユーザーとは共有されません。ただし、ユーザーが個人の連絡先にメールを送信すると、受信者は、その連絡先の名前をメールで見ることができます。

  • ユーザーが連絡先管理ツールですべての連絡先にアクセスする

    ユーザーは自分のすべての連絡先を中央の連絡先管理ツールで管理します。個人の連絡先を追加して、グローバルな連絡先と個人の連絡先の両方を閲覧できます。どの連絡先でも簡単に検索できます。

  • アドレスがすべてのサービスでオートコンプリートされる

    ユーザーが Gmail やカレンダーなどのサービスでアドレスを入力するときに、連絡先が表示されます。メールを送信したり、ドキュメントを共有したり、予定を作成したりするときに、別途連絡先を検索する必要がないので便利です。アドレスを数文字入力すると、グローバルな連絡先や個人の連絡先の中の一致する名前が表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。