グループ カレンダーの作成と共有

職場や学校の G Suite 管理者は、組織内の人々と共有するカレンダーを作成できます。たとえば、会社の休日や組織の「全員参加」の会議用に、共有カレンダーを作成することが考えられます。

グループ カレンダーを作成して組織と共有する

始める前に: カレンダーを組織の一部のユーザーと共有する場合は、共有したい人のみが含まれたグループを作成します。

  1. G Suite 管理者アカウントでログインし、Google カレンダーを開きます。
  2. 左側の [マイカレンダー] の上の追加アイコン 追加 次に [新しいカレンダー] の順にクリックします。
  3. カレンダーの名前(全体会議など)、カレンダーの説明、タイムゾーンを入力します。
  4. [カレンダーを作成] をクリックします。
  5. ページ左側で、新しいカレンダーの名前をクリックします。
  6. カレンダーを組織のすべてのユーザーと共有するには、[アクセス権限] の下の項目で次の操作を行います。
    1. [(ご利用中のドメイン名)で利用できるようにする] チェックボックスをオンにします。
    2. [権限] ボックスで、下矢印アイコン 下矢印 をクリックしてオプションを選択します。詳しくは、権限の設定をご覧ください。
  7. カレンダーを特定のユーザー グループと共有するには、[特定のユーザーとの共有] の下の項目で次の操作を行います。
    1. [ユーザーを追加] をクリックします。
    2. カレンダーを共有するグループのメールアドレスを追加します。個人のメールアドレスを追加することもできます。
    3. [権限] ボックスで、下矢印アイコン 下矢印 をクリックしてオプションを選択します。詳しくは、権限の設定をご覧ください。
    4. [送信] をクリックします。

    重要: [アクセス権限] を設定すると、[特定のユーザーとの共有] の設定が上書きされます。

    たとえば、組織のすべてのユーザーとカレンダーを共有して、すべてのユーザーに [閲覧権限(すべての予定の詳細)] を付与することが考えられます。また [特定のユーザーとの共有] を設定すると、そのユーザーに対して予定の詳細を非表示にしている場合([予定の時間枠のみを表示] オプションを選択している場合)でも、そのユーザーはすべてのイベントの詳細を閲覧できます。

カレンダーを共有したユーザーには、カレンダーについて知らせるメールが送信されます。カレンダーはそのユーザーの [他のカレンダー] リストに自動的に追加されます。

新規ユーザーにカレンダーについて知らせる

新しいユーザーをグループに追加した場合は、そのユーザーがカレンダーを追加できるようにカレンダーのアドレスを知らせます。

  1. G Suite 管理者アカウントでログインし、Google カレンダーを開きます。
  2. [マイカレンダー] で、知らせたい共有カレンダーを探します。
  3. 知らせたい共有カレンダーのところでその他アイコン その他 次に [設定と共有] の順にクリックします。
  4. [カレンダーの統合] セクションまで下にスクロールして、[カレンダー ID] をコピーします(長い ID です)。新しいユーザーに提供するドキュメントまたは Web サイトにこの ID を貼り付けます。
  5. 新しいユーザーに、このカレンダー ID を [同僚のカレンダーを追加]] ボックスに貼り付けて Enter キーを押すように依頼します。

    そのユーザーの [他のカレンダー] リストにカレンダーが表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。