グループまたはドメインの共有の連絡先を非表示にする

ディレクトリ管理者は、組織内の他のユーザーに公開する Google グループとドメインの共有連絡先を設定できます。グループまたはドメインの共有連絡先がユーザーに表示されている場合、そのユーザーの情報が検索結果に表示されるようになります。また、Gmail や Google ドライブなどのサービスで、そのユーザーのメールアドレスがオートコンプリートされます。

始める前に: 必要に応じて、部門やグループに設定を適用する方法をご確認ください。

Workspace リソースタイプの公開設定の更新

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン  次に  [ディレクトリ] 次に [ディレクトリ設定] にアクセスします。
  3. [Workspace リソースの種類の公開設定] をクリックします。

    この設定は、[ディレクトリ設定] 次に [共有設定] で行った変更の影響を受ける場合があります。

    たとえば、[ドメインのプロフィールのみを表示する] チェックボックスをオンにすると、ドメインの共有の連絡先が [Workspace リソースの種類の公開設定] を使用して公開しようとした場合でも、非表示になります。

  4. (省略可)設定を一部のユーザーにのみ適用するには、左側で組織部門(主に部門に使用)または設定 [グループ](詳細)を選択します。手順を見る

    グループ設定は組織部門よりも優先されます。詳細

  5. [公開設定] で、ユーザーに表示する Workspace のリソースタイプをオンにします。
  6. [保存] をクリックします。 または、組織部門 の [オーバーライド] をクリックします。

    継承された値を後で復元するには、[継承](グループの場合は [設定解除])をクリックします。

    変更には最長で 24 時間かかることがありますが、通常はこれより短い時間で完了します。詳細

関連記事

ディレクトリを有効または無効にする

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー