通知

Duet AI は Gemini for Google Workspace になりました。詳細

変更したフリートデータ エクスポート ファイルをアップロードして、複数の Google Meet ハードウェア デバイスを一括更新できます

Google Meet ハードウェアでは、フリートデータを書き出してアップロードした CSV ファイルに基づいて、特定の設定を一括更新できます。この機能は、1 つずつデバイスを設定したり、一括操作(一度に 50 台まで)を使用したりすることなく、多数のデバイスに対して個別のデバイス設定を簡単に変更できるように設計されています。これらのオプションの詳細については、こちらをご覧ください

一括更新は、デバイスの組織部門を変更する場合にも使用できますが、組織部門の設定を直接変更する場合には使用できません。

: 一括更新によってフリートに加えた変更を元に戻す方法はありません。この記事を注意深くお読みになり、フリートが意図しない方法で変更されないように適切な対策を講じることを強くおすすめします。

CSV アップロードによる一括更新を使用してデバイス数無制限で個別のデバイス設定を変更する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. Go to Menu 次に Devices次にGoogle Meet hardware次にDevices.
  3. アップロード アイコン をクリックして、デバイスを一括更新します。
  4. 手順と推奨事項をよく読み、[続行] をクリックします。
  5. フリートデータ エクスポート ファイルの最新バージョンをダウンロードします。
  6. 編集可能な項目に必要な変更を加えます。変更する予定のないデバイスの行をすべて削除します。
  7. CSV ファイルとして保存します。
  8. CSV ファイルをアップロードして、生成されたログファイルにエラーがないか確認します。監査ログで変更を確認することもできます。

この機能を使用する際に推奨される注意事項

  • フリートデータ エクスポート ファイルのクリーンコピーを必ず保存してください。意図しない変更を元に戻すために再アップロードする際に、このコピーを使用できます。
  • 多数のデバイスで多数の変更を処理するには、最長で 1 時間以上かかる場合があるため、一括更新は組織の業務時間外の、他の管理者が変更を行う可能性(競合が発生する可能性がある)が低い時間帯に行うのが理想的です。
  • 「デバイスの管理」管理者権限(この機能を使用したほとんどの更新で必要)にアクセスできる組織内のユーザーを制限します。
  • 「組織部門の設定の管理」管理者権限(組織部門間でデバイスを移動する場合に必要)にアクセスできる組織内のユーザーを制限します。
  • 意図しない変更が行われないよう、更新を希望しない行をフリートデータ ファイルから削除します(更新対象にデバイスを含めなければ、フリートからデバイスが削除されることはありません。プロビジョニング解除でのみ、複数のデバイスを削除できます。この機能では、プロビジョニング解除を使用できません)。
  • フリートデータ ファイルから、変更のない列をすべて削除します(主キーの deviceId は削除しないでください。変更を処理するデバイスを把握するために、主キーを含める必要があります)。
  • フォーマット エラーがないかログファイルをよく調べてください。
  • 特定のデバイスでサポートされていない設定に注意してください。たとえば、Poly の Android ベースのデバイスは、ChromeOS ベースのデバイスに存在する特定の設定をサポートしていないため、サポートされていない設定を変更しようとすると、エラーがスローされることがあります。
  • 監査ログでどの変更が行われたかを確認し、一括更新の結果が期待どおりであることを確認します。

書式設定

一括更新を成功させるには、値を適切な形式にすることが不可欠です。正しい形式であることを確認する最善の方法は、フリートデータのエクスポート ファイルを表示して、設定がどのように表されているかを確認することです。以下の表に、すべての列(およびそれらが変更可能かどうか)と、各列で想定される形式の一覧を示します。  

正しい形式を使用しないと、エラーや意図しない変更が発生する可能性があります。詳しくは、下記をご覧ください。  

予期しない列が検出された場合、または列が 2 回表示された場合、更新はエラーとなり、変更は処理されません。

deviceId 列は主キーであり、更新するデバイスを識別するために必要なため、すべてのファイルに含める必要があります。ファイルにこの列が含まれていないとエラーが発生し、変更は処理されません。

変更できない列に対する変更が検出された場合、その変更は処理中にスキップされますが、他の有効な変更は処理されます。変更可能な列の値が認識できない、または形式が正しくない場合、その値は処理時にスキップされますが、その他の有効な変更は処理されます(問題のある行や列はエラー ダイアログでハイライト表示されます)。

変更可能 書式設定
adminConsoleUrl いいえ  
deviceId いいえ  
deviceName はい 任意の文字列。空白にすることも可能
ステータス いいえ  
orgUnitPath はい /parentOU/childOU1/childOU2
最初のバックスラッシュを含める必要があり、末尾にバックスラッシュを含めることはできません
model いいえ  
serialNumber いいえ  
lastEnrollmentTime いいえ  
annotatedAssetId はい 任意の文字列。空白にすることも可能
annotatedUser はい 任意の文字列。空白にすることも可能
メモ はい 任意の文字列。空白にすることも可能
annotatedLocation はい 任意の文字列。空白にすることも可能
assignedCalendarResourceEmail いいえ  
assignedCalendarGeneratedResourceName いいえ  
assignedRoomResourceName いいえ  
assignedRoomBuilding いいえ  
assignedRoomFloor いいえ  
lastPeripheralReport いいえ  
connectedCameras いいえ  
connectedSpeakers いいえ  
connectedMicrophones いいえ  
connectedTouchControllers いいえ  
connectedRemotes いいえ  
defaultCamera はい

任意の文字列。ただし、connectedSpeakers または selectedSpeaker 列から正確な周辺機器名をコピーして貼り付け、完全に一致するようにします(引用符は付けません)

Android ベースのデバイスではサポートされていません

defaultSpeaker はい

任意の文字列。ただし、connectedSpeakers または selectedSpeaker 列から正確な周辺機器名をコピーして貼り付け、完全に一致するようにします(引用符は付けません)

Android ベースのデバイスではサポートされていません

defaultMicrophone はい

任意の文字列。ただし、connectedSpeakers または selectedSpeaker 列から正確な周辺機器名をコピーして貼り付け、完全に一致するようにします(引用符は付けません)

Android ベースのデバイスではサポートされていません

selectedCamera いいえ  
selectedSpeaker いいえ  
selectedMicrophone いいえ  
chromeVersion いいえ  
bootMode いいえ  
osVersion いいえ  
firmwareVersion いいえ  
wifiMacAddress いいえ  
ethernetMacAddress いいえ  
lastSync いいえ  
ipAddresses いいえ  
volumeDefaultMode はい

smart
preset
unsupported

この設定をサポートしていないデバイスで値を変更しようとすると、失敗します。

volumeLevel はい

整数 [0~100]

volumeDefaultMode が「preset」に設定されている場合は値を入力する必要があります。値を入力しないとエラーが発生します。

volumeDefaultMode 列が存在しない場合や、存在するが「smart」に設定されている場合は無視されます。

whiteboardingMode いいえ  
videoConferencingMode いいえ  
pairedMeetHardwareDeviceId いいえ  
occupancyDetection はい

on
off
unsupported

この設定をサポートしていないデバイスで値を変更しようとすると、失敗します。

softwareAudioProcessing はい

on
off
unsupported

この設定をサポートしていないデバイスで値を変更しようとすると、失敗します。

denoiser はい

on
off

setHomeMode はい

on
off
unsupported

この設定をサポートしていないデバイスで値を変更しようとすると、失敗します。

thirdPartyControlApiUrl はい

任意の文字列。空白にすることも可能

この設定をサポートしていないデバイスで値を変更しようとすると、失敗します。

thirdPartyControlWebUiUrl はい

任意の文字列。空白にすることも可能

この設定をサポートしていないデバイスで値を変更しようとすると、失敗します。

integrationId いいえ  
eolDate いいえ  
connectionStatusNo いいえ  
ipAddressEthernet いいえ  


 

 

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
2867879183811913837
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73010