割り当て済みのモバイル デバイスを確認する

従来の G Suite(無償版)をご利用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしていただく必要があります。

管理者は、ユーザーに割り当てられたモバイル デバイスを一覧で確認できます。デバイスの種類や機種、企業データを最後に同期した日、データにアクセスしたユーザー名など、各デバイスの詳細が表示されます。このリストから、デバイスの企業データの同期、紛失したデバイスのデータのワイプなどを行うことができます。

デバイスリストを開く

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] にアクセスします。

    [デバイス] がホームページに表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. [モバイル デバイス] をクリックして管理対象デバイスを表示します。
  4. (省略可)特定のデバイスの詳細を表示するには、そのデバイス名をクリックします。
    詳しくは、モバイル デバイスの詳細情報を確認するをご確認ください。

リストの項目

モバイル デバイス

  • 組織のデータを同期しているユーザー個人のデバイス。
  • ユーザーに割り当てられた会社所有デバイス(ユーザーに割り当てられていないデバイスを表示するには、画面下部の [未割り当てのデバイスを表示] をクリックします)。
  • 組織のユーザー アカウントへのアクセスを試みたが、組織のポリシーに準拠していないために、自動または管理者によりブロックされたデバイス。
  • 管理対象ではないが、企業データの同期を許可されたデバイス。Google Sync を使用するデバイス、Device Policy アプリに登録されている Android 搭載デバイス、以前に管理対象であったデバイスなどがこれに該当します。

1 つのデバイスがリストに複数回表示されることもあります。たとえば、2 人のユーザーが 1 台のスマートフォンを共有している場合、そのスマートフォンはユーザー アカウントごとに 1 回、計 2 回リストに表示されます。

デバイスに関するデータ

データ 説明
デバイス名 ユーザーのデバイスに付けられた名前(例: 安藤の Pixel)。
名前 企業データをデバイスに同期するユーザーの名前。
メール 企業データをデバイスに同期するユーザーのメールアドレス。
OS デバイスのオペレーティング システム(例: Android 7.1)。
最終同期日 Google モバイル管理による最終同期からの経過日数。最終同期日はデバイスの種類によって異なります。
  • Android - Google Apps Device Policy アプリを最後に同期した日付。
  • Apple® iOS® - Device Policy アプリまたはプロファイルを最後に同期した日付。
  • (G Suite のみ)Google Sync を使用して同期するデバイス - デバイスが企業データを最後に同期した日付(iOS を含む)。
ステータス デバイスの管理ステータス(例: 承認済み、ブロック中、アカウントをワイプしました)。
種類 デバイスの種類(例: Android、iOS)。
機種 デバイスの機種(例: Nexus 9)。モバイル デバイスの詳細管理を使用している場合は、詳細がすべて表示されます。基本のモバイル デバイス管理を使用している場合は、一部の詳細が表示されないことがあります。
最初の同期日 そのデバイスで初めて企業データを同期した日からの経過日数。

管理コンソールで列見出しをクリックすると、デバイスを並べ替えることができます。表示する列を変更したり並べ替えたりするには、列を管理アイコン 列を管理 をクリックします。

注: 基本管理を使用している場合は、新しいデバイスの情報が表示されるまでに最長で 3 日程度かかることがあります。

特定のモバイル デバイスを見つける

デバイスを検索する

デバイスリストからデバイスを検索できます。右上の検索バーに検索キーワードを入力し、検索アイコン 検索 をクリックします。たとえば、機種を指定してデバイスを検索するには、目的の機種名を入力します。

特定のデバイスに関する詳細情報を表示するには、そのデバイス名をクリックします。詳しくは、モバイル デバイスの詳細を確認するをご確認ください。

検索のヒント

  • 各検索語句には、スペースを含まない単語を使用します。フレーズの完全一致検索を行う場合は、複数の単語を(間にスペースを挿入して)引用符で囲んで入力します。
  • 大文字と小文字は区別されません。
  • 単語やフレーズを検索すると、すべての項目が検索対象となります。
  • 特定の項目を検索するには、フィルタを使用します。詳しくは、下記の「デバイスリストをフィルタリングする」をご確認ください。検索演算子と引数を入力することもできます(例: user:admin)。検索演算子について詳しくは、検索演算子を使用してデバイスを見つけるをご確認ください。
  • 句読点や記号は空白文字として処理されます。たとえば、admin@[ドメイン名].com での検索は、「admin [ドメイン名] com」で検索する場合と同じになります。
デバイスリストをフィルタリングする
  1. デバイスリストの見出しの下にある [フィルタを追加] をクリックします。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • リストをフィルタリングするカテゴリを選択する(モデル、アプリなど) 次に オプションを選択するか、フィルタ テキストを入力する 次に [適用] をクリックする。
    • 使用するフィルタの文字を入力していく(ユーザー名、デバイスの機種、アプリなど) 次に 目的のフィルタを選択する。

注: [オーナー権限] の [会社所有] フィルタを使用すると、デバイス所有者モード(組織がデバイスを完全に制御できる管理モード)のすべてのデバイスが表示されます。リストには、会社所有デバイスと、ユーザーが会社に所有権を付与した個人のデバイスが含まれます。会社所有デバイスのみを表示するには、会社所有デバイスの一覧を確認します。

デバイスリストをダウンロードする

組織のモバイル デバイスのリストを CSV ファイルにダウンロードできます。デバイス名、メールアドレス、最終同期日など、すべてのデバイスの詳細が表示されます。組織内に多数のデバイスがある場合、データのダウンロードに時間がかかる可能性があります。

デバイスのリストをダウンロードするには、画面上部にあるダウンロード アイコン ダウンロード をクリックします。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。