MX レコードのトラブルシューティング

ユーザーのビジネス用メールアドレスを設定する際に、問題が発生することがあります。たとえば、ユーザーが新しい Google Workspace アドレスのメールを受信できず、その原因が MX レコードの入力間違いであると考えられる場合は、次の方法でエラーを確認し、修正してください。

ステップ 1: レコードが変更されるまで 72 時間ほど待つ

MX レコードの変更が反映されるまでには、最長で 72 時間ほどかかる場合があります。Google Workspace でメールを設定してから 3 日未満の場合は、トラブルシューティングの前に、しばらく待ってから新しい MX レコードが機能するかどうかご確認ください。変更が反映される前にレコードをチェックすると、古いレコードが表示されます。

ステップ 2: MX レコードが正しいことを確認する

プライマリ ドメインに適用された MX レコードをチェックする
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gmail] にアクセスします。
  3. [設定] をクリックします。
  4. 必要に応じて、左側で最上位の組織(プライマリ ドメイン)を選択します。
  5. [MX レコード] で、プライマリ ドメインに適用されているレコードをチェックします。以下の画像のように表示されない場合は、ホスト別の手順をご覧のうえ、変更してください。

    MX Records displayed in the Admin Console

    注: メールを送受信できない場合は、MX レコードの末尾にピリオドを追加してみてください(例: ASPMX.L.GOOGLE.COM.)。

MX ルックアップ ツールを使用して MX レコードをチェックする
プライマリ ドメインに適用されたレコードをチェックしても問題を解決できない場合は、MX レコードを調べて、DNS レコードの設定に問題がないか確認します。レコードに問題があると、ドメインへのメールの配送に影響する場合があります。
  1. Google 管理者ツールボックスの Dig ツールにアクセスします。
  2. [名前] ボックスに www. を付けずにドメイン名を入力します(example.com)。

    Google Admin Toolbox Dig Name field

  3. [MX] をクリックします。

    ドメインの MX レコードに関するレポートが表示されます。

    The Google Admin Toolbox Dig MX report is highlighted with a red box.

    MX レコードの値が以下の表と一致しない場合は、ホスト別の手順をご覧のうえ変更してください。

Google Workspace の MX レコードの値

名前、ホスト、エイリアス TTL(Time to Live)* レコードタイプ 優先値 名前、応答、参照先
@ または空欄 3,600 以下 MX 1 ASPMX.L.GOOGLE.COM
@ または空欄 3,600 以下 MX 5 ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM
@ または空欄 3,600 以下 MX 5 ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM
@ または空欄 3,600 以下 MX 10 ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM
@ または空欄 3,600 以下 MX 10 ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM
Check MX ツールを使用して DNS 設定をチェックする

Check MX ツールを使用すると、一般的な設定ミスが MX DNS レコード内にないかどうかを調べることができます。ドメインの現在の状況を確認する際に、このツールをご利用ください。

詳しくは、Check MX の使い方についての記事をご覧ください。

ステップ 3: @ 記号を追加または削除する

メールの配送に影響を与える MX レコードのエラーは、名前列、ホスト列、エイリアス列のエントリでよく発生します。ご利用のドメインホストで DNS レコードに MX レコードを追加する場合、この列に @ 記号を入力するか空欄のままにするかは、ホストによって異なります。ホスト別の MX の手順で、この列に入力する内容をご確認ください。

手順の一覧にご利用のドメインホストが記載されていない場合は、ドメインホストにお問い合わせください。または、@ 記号を追加するか、列を空欄のままにし、72 時間後にもう一度レコードをチェックして、問題が解決したかどうかご確認ください。

レコードが正しいにもかかわらずメールを受信できない場合は、メールを受信できないのトラブルシューティング手順に沿って、残りの設定をテストしてください。

その他のメールの問題を解決する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。