最近削除したユーザーを復元する

削除したユーザー アカウントは、20 日後までは復元が可能です。20 日を過ぎるとデータは完全に削除され、Google サポートでも復元できかねますのでご了承ください。

詳しくは、ユーザーの削除についてのページをご覧ください。

ユーザーの以前のサービスへのアクセス

ユーザーを復元すると、そのユーザーが Google サービス(G Suite や Cloud Identity Premium など)に再び自動的にアクセスできるようになる場合と、管理者がユーザーにサービスのライセンスを再割り当てする必要がある場合があります。

  • 1 つの Google サービスのみをご利用の場合は、そのサービスに再び自動的にアクセスできるようになります。
  • 複数のサービスをご利用で、管理者が 1 つのサービスに対してライセンスの自動割り当てを有効にしていて、ユーザーにそのサービスのライセンスが割り当てられている場合、ユーザーはそのサービスに再び自動的にアクセスできるようになります。
  • それ以外の場合は、管理者がユーザーにサービスのライセンスを手動で再割り当てする必要があります。
  • ユーザーにアーカイブ ユーザー(AU)ライセンスが割り当てられている場合、G Suite でのライセンス自動割り当ての設定によって、ユーザーの AU ライセンスが自動的に復元されるかどうかが決まります。G Suite でライセンス自動割り当てが有効になっていて、該当する AU ライセンスが利用可能な場合は、ユーザーの AU ライセンスが復元されます。そうでない場合は、管理者がライセンスを手動で再割り当てする必要があります。
  • G Suite では、ユーザーのライセンスが自動または手動で復元されると、そのユーザーはメール、カレンダー、その他の G Suite データ(Google+ データは除く)や、Google Cloud Platform の権限すべてに再びアクセスできるようになります。なお、最近削除したユーザーを復元しても、Google+ のデータは復元されません。

ユーザーを復元する

このタスクを実行するには、特権管理者としてログインする必要があります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] のリストの上にある [フィルタを追加] をクリックし、[最近削除されたユーザー] を選択します。


    Find this option at the top of the user list

  4. 復元するユーザーにカーソルを合わせて、復元アイコン Restore をクリックします。

    復元するユーザーが表示されている行を参照します
     
  5. 確認メッセージを確認し、[続行] をクリックします。
  6. ユーザーを割り当てる組織部門を選択します。
  7. [復元] をクリックします。

: この変更が反映されるまでに、最長で 24 時間ほどかかる場合があります。

すでに停止されているユーザーや、データを譲渡済みのユーザーは、停止中のユーザーとして表示されます。停止中のユーザーにアクセス権を付与するには、停止中のユーザーの再開をご覧ください。

アカウントを復元できない場合

  • ユーザー アカウントを削除してから 20 日以上が過ぎている。

  • そのユーザー名が、メインのメールアドレスまたはメール エイリアスとして他のユーザーに割り当てられている。またはグループ名に使用されている。

  • 利用できるユーザー ライセンスがない。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。