ユーザーに開封確認の要求や返信を許可する

従来の G Suite(無償版)をご利用の場合、この機能をご利用いただくには G Suite Basic にアップグレードしていただく必要があります。

重要: この機能は、職場および学校用の Gmail アカウントでのみご利用いただけます。通常の Gmail アカウントではご利用いただけません。

管理者は、組織のユーザーが開封確認メッセージの要求や送信を行えるようにするかどうかを指定できます。開封確認メッセージとは、送信したメールを受信者が開いたときに配信される通知メールです。組織内のユーザーが利用できるようにするには、管理者が管理コンソールで開封確認メッセージを有効にします。

開封確認メッセージの送信先は限定することが可能で、たとえば組織内からのメールについてのみ返信を許可するように設定できます。メール開封時に開封確認が Gmail から自動的に返信されるようにすることも、受信者が承認してから返信されるようにすることも可能です。

開封確認はメールの配信の確認にはならない

開封確認の返信が届いたからといって、必ずしもメールが配信されたとは限りません。開封確認は一般的にさまざまなメールシステムで機能しますが、次のようなケースも考えられます。

  • メールは読まれていないが開封確認が届く
  • メールは読まれているのに開封確認が届かない

ユーザーに対して開封確認を設定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Gmail] 次に [ユーザー設定] にアクセスします。
  3. 管理コンソールで下位組織を作成した場合は、左側の [組織部門] から目的の組織部門を選択します。下位組織がない場合、[組織部門] セクションは利用できません。詳しくは、Gmail の詳細設定に関する記事をご覧ください。
  4. [開封確認メッセージ] で、ユーザーが開封確認を返信できる相手を指定します。
    • 開封確認メッセージの送信を許可しません: 開封確認の要求も返信も無効化されます。
    • 組織内のすべてのアドレス、およびホワイトリストに登録されたメールアドレスへの開封確認メッセージの送信を許可します: 開封確認の返信先を、ドメイン内のメールアドレスおよび指定した外部アドレスのみに限定します。外部のメールアドレスを複数入力する場合はカンマで区切ります。入力できるアドレスは最多で 100 件、各アドレスの文字数は最多で半角 256 文字です。アドレスを指定しない場合、ユーザーはドメイン内のユーザーに対してのみ開封確認メッセージを送信できます。

      メールを開封するたびに開封確認メッセージを送信するかどうかユーザーに確認するには、[開封確認メッセージの要求のたびにユーザーに確認します] チェックボックスをオンにします。開封確認メッセージを自動的に送信するには、このチェックボックスをオフにします。

      すべてのメールアドレスへの開封確認メッセージの送信を許可します: 組織内外を問わず、すべてのメールアドレスに対して開封確認メッセージのリクエストと送信を許可します。受信者がメールを開くと、開封確認メッセージを送信するかどうかのメッセージが必ず表示されます。

  5. 下部にある [保存] をクリックします。

変更が個々のユーザー アカウントに反映されるまでには、最長で 24 時間ほどかかる場合があります。設定の変更履歴は、管理コンソールの監査ログで確認できます。

開封確認メッセージの仕組み

  • 開封確認メッセージは大部分のメールシステムで機能するため、開封確認に対応した他のメール ソフトウェアを使用している受信者からも通知を受け取ることができます。ただし、開封確認の挙動は、受信者がどのメール ソフトウェアを使っているか、および受信したメールをどの方法で開封するかによって異なる場合があります。たとえば、受信者が IMAP クライアント、POP クライアント、G Suite Sync クライアントのいずれかを使用してメールを開封した場合、開封確認が承認なく自動的に送信されることがあります。また、IMAP に対応していない一部のモバイル メールシステムには、開封確認をまったく送信できないものがあります。
  • ユーザーのメールアドレス保護のため、Gmail で開封確認が配信されるのは、ユーザーのメールアドレス宛てのメールについてのみです。グループのメーリング リストおよびエイリアス宛てのメールについては、開封確認は配信されません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。