ユーザーとデバイスのコンテキスト情報に基づいて、アプリへのアクセスを制御する

アクセスレベル(共有リソース)を削除する

アクセスレベルは Google Workspace と Google Cloud の間で共有されます。管理者は、管理コンソール、Google Cloud(コンソールと API)、Google Cloud SDK を使用してアクセスレベルを作成できます。

アクセスレベルは複数のプラットフォーム間で共有されるため、割り当て済みアクセスレベルの一覧に次のようなアイテムが表示される場合もあります。

  • 自分で作成していないアクセスレベル
  • 自分では削除していないのに「削除済み」とマークされたアクセスレベル

推奨事項: Workspace のみを使用している場合は、Google Cloud Platform(GCP)コンソールを使用してコンテキストアウェア アクセスレベルを追加または変更しないようにしてください。また、コンテキストアウェア アクセス インターフェース以外のなんらかの方法でメソッドを追加または変更することもしないでください。そうしないと、「サポートされていない属性が Google Workspace で使用されています」というエラーが発生して、ユーザーがブロックされる可能性があります。

アクセスレベルを削除、割り当て解除する

アクセスレベルは共有リソースであるため、管理コンソールまたは別のプラットフォームで削除することができます。管理コンソールでアクセスレベルを削除すると、そのアクセスレベルに対して管理コンソールで作成されたすべてのアプリの割り当てが削除(割り当て解除)されます。

別のプラットフォーム(Google Cloud Platform コンソールなど)でアクセスレベルが削除されると、そのアクセスレベルは削除済みとマークされます。ただし、アクセスレベルはアプリに割り当てられたままで、アプリへのアクセスがブロックされます。リストに削除済みとマークされたアクセスレベルが表示されている場合は、それらのアクセスレベルを削除(割り当て解除)して、アクセスのブロックを解除してください。削除したアクセスレベルが管理コンソールに割り当てられている場合は、直ちに管理コンソールにアクセスできなくなります。再度アクセスするには Google サポートチームに連絡する必要があります。

アクセスレベルを削除するには、特定の管理者権限が必要です。

すべてのアプリの削除済みアクセスレベルを削除する

削除済みとマークされたアクセスレベルを削除し、アプリへのアクセスのブロックを解除する最も簡単な方法は以下のとおりです。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン  次に [セキュリティ] 次に [アクセスとデータ管理] 次に [コンテキストアウェア アクセス] にアクセスします。
  3. 右上の [アクセスレベルの割り当てを解除] をクリックします。確認メッセージが表示されたら、[アクセスレベルの割り当てを解除] をもう一度クリックして確定します。
    これで、削除済みとマークされたアクセスレベルがすべてのアプリから削除され、アクセスがブロックされることはなくなります。
 

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー