Google Workspace で Notes のリソースを予約する

Google Workspace Migration for HCL Notes

Google Workspace Migration for HCL Notes (GWMHN) を使用している場合は、ユーザーが Domino の会議室やリソースを Google カレンダーから予約できるようにすることで、Google Workspace への移行を簡素化できます。

それには HCL Domino 環境に Check ICS エージェントを追加します。Rooms and Resources データベースに送信されるリクエストはすべて、まず Check ICS が受け、そのリクエストが Google カレンダーから送信されたものである場合は、ICS ファイルが変更され、Domino サーバーがリクエストを適切に処理できるようにします。

: Check ICS エージェントは現状有姿にて提供され、明示黙示を問わず、いかなる保証もありません。

始める前に

Check ICS エージェントは、HCL Notes から Google Workspace への移行中にのみ使用してください。

Check ICS エージェントは、あらゆる環境、あらゆるバージョンの Domino サーバーで動作することが保証されているわけではありません。問題が発生した場合は、サーバーからエージェントを削除してください。

: 定期的な予定はサポートされていません。

Check ICS エージェントを追加する

  1. https://github.com/google に移動し、[Repositories] の検索ボックスを使用してリポジトリ「gfw-deployments」を検索します。
  2. リポジトリ gfw-deployments を選択します。
  3. [apps] 次に [lotusscript] 次に [resource-bookings] 次に check-ics.lss.zip を選択します。
  4. [Download] をクリックして check-ics.lss.zip ファイルをダウンロードします。
  5. HCL Notes クライアント コンピュータに check-ics.lss を展開します。
  6. Domino Designer で Rooms and Resources データベースを開きます。
  7. LotusScript エージェントを作成し、[Runtime trigger] を [On event] に設定し、[Before new mail arrives] の値を設定します。
  8. [File] 次に [Import] を選択し、ダウンロードした check-ics.lss ソースファイルを読み込みます。
  9. エージェントを保存します。

これで、ユーザーは予定の詳細ページの [ゲスト] 欄に会議室やリソースの SMTP アドレスを入力することで、Google カレンダーで Domino の会議室やリソースを予約できるようになります。

よくある質問

Gmail に「カレンダーからこの予定を取得できませんでした」と表示される

元の予定の UID が Domino サーバー独自の値で上書きされることがあります。このことは、-Lotus_Notes_Generated という UID サフィックスと、Gmail の予約メールの「カレンダーからこの予定を取得できませんでした」というメッセージからわかります。

リソースは Domino サーバー上で正しく処理されていますが、Google カレンダー側で予定が更新されていません。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false