通知

Duet AI は Gemini for Google Workspace になりました。詳細

分割配信を使用して 2 つのメールシステムにメールを送信する

管理者は、組織の要件に合わせてメールのルーティングと保存の方法をカスタマイズできます。

Gmail の分割配信を使用すると、指定した受信者に基づいて、受信メールをドメイン内の 2 つの異なるメールシステムに配信できます。たとえば、組織内の一部のユーザーが Gmail を使用していて、別のユーザーが異なるメールシステムを使用している場合は、分割配信を使用します。別のメールサーバーから Gmail に移行する際に、分割配信を使用することもできます。

手順 1: 管理コンソールに Gmail 以外のサーバーを追加する

分割配信を設定する前に、[ルートを追加] 設定で Gmail 以外のサーバーを追加する必要があります。

手順 2: 分割配信を設定する

この手順では、分割配信の設定を追加し、手順 1 で追加したサーバーを参照します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン  次に  [アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [Gmail] 次に [ルーティング] にアクセスします。
  3. [ルーティング] タブで、[ルーティング] までスクロールします。
  4. [設定] または [別のルールを追加] をクリックします。[設定を追加] ボックスが開きます。
  5. [設定を追加] ボックスで次の操作を行います。
     
    設定オプション 手順
    必要な情報: 新しいルールの名前または説明を入力します。このフィールドが空の場合、新しいルールを保存することはできません。
    影響を受けるメール

    [受信] チェックボックスまたは [内部からの受信] チェックボックス、または両方をオンにします。

    • 受信 - 外部の送信者からのメールは、プライマリ サーバーとセカンダリ サーバーの両方に配信されます。
    • 内部 - 受信 - 内部の送信者からのメールは、プライマリ サーバーとセカンダリ サーバーの両方に配信されます。内部の送信者からのメールには、[From] 欄に組織のドメインまたはサブドメインが含まれます。
    上記の種類のメッセージの場合
    1. メニュー アイコン をクリックし、[メッセージを変更] を選択します。
    2. [ルートを変更] ボックスをクリックします。
    3. [ルートを変更] でメニュー アイコン をクリックし、影響を受けたメッセージを配信する外部サーバーを選択します。
    4. 下にスクロールして [オプションを表示] をクリックします。
    オプション
    1. [影響を受けるアカウントの種類] で、[認識できない、キャッチオール] チェックボックスをオンにします。[ユーザー] チェックボックスと [グループ] チェックボックスはオフにしています。
    2. (省略可)指定した送信者または受信者にのみこの設定を適用するには:
      • [エンベロープ フィルタ] で、一方または両方のチェックボックスをオンにします。
      • メニュー アイコン をクリックして、送信者と受信者のアドレスを一致させるオプションを選択します。
      • 一致させるメールアドレス、パターン、またはグループを入力します。
      • すべての送信者と受信者について、この手順を繰り返します。
  6. [設定を追加] ボックスの下部にある [保存] をクリックします。変更には最長で 24 時間かかることがありますが、通常はこれより短い時間で完了します。詳細


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
14 日間の無料試用を今すぐ開始してください

ビジネス向けのメール、オンライン ストレージ、共有カレンダー、ビデオ会議、その他多数の機能を搭載。G Suite の無料試用を今すぐ開始してください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー