グローバル ディレクトリでユーザーを非表示にする

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

ユーザーが組織のグローバル ディレクトリで連絡先情報を共有することを希望しない場合は、管理者がそのユーザーのプロフィールを非表示にできます。グローバル ディレクトリでユーザーを非表示にすると、次のようになります。

  • 他のユーザーが Gmail やカレンダーなどのサービスでアドレスを入力しても、非表示にしたユーザーの連絡先情報は表示されません。
  • そのユーザーのプロフィール情報は、他のユーザーの連絡先管理ツールに表示されなくなります。
  • そのユーザーのプロフィール情報は、Cloud Search の検索結果に表示されなくなります。

ユーザーの連絡先情報を非表示にする

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] リストから非表示にするユーザーを探します。詳しくは、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  4. ユーザーの名前をクリックし、そのユーザーのアカウント ページを開きます。
  5. [ユーザー情報] をクリックします。
  6. [ディレクトリ共有] 次に オン をクリックして無効にします。
  7. [完了] をクリックします。

変更内容が反映されるまでに、最長で 24 時間ほどかかることがあります。

非表示にしたユーザーの情報をグローバル ディレクトリに再び表示するには、[ディレクトリ共有] 次に オフ をクリックして有効にし、[完了] をクリックして変更を保存します。

一括リクエストで複数のユーザーを非表示にする

ディレクトリに表示したくないユーザーが多数いる場合は、Directory API を使用すれば一度に設定を更新できます。

一括リクエストを作成して、非表示にするユーザーの includeInGlobalAddressListfalse に設定します。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。