ドライブ内のファイルを新しいオーナーに移管する

所有しているファイルのオーナー権限を譲渡するには、こちらにアクセスします。

Google ドライブ内にあるファイルの現在のオーナーと提案されたオーナーが同じ組織に所属している場合、管理者はオーナーを変更できます。たとえば、ある従業員が離職した場合、管理者はその従業員がオーナーになっているファイルを他のユーザーに移管できます。こうすることで、離職した従業員のアカウントを削除する前に、その従業員のファイルを保存しておくことができます。ファイルを移管しても、そのファイルにアクセスできるユーザーに影響はありません。

注:

  • 新しいオーナーは組織に属している必要があります。外部ユーザーにオーナー権限を譲渡することはできません。回避策として、個々のファイルに対して、外部ユーザーが共有ファイルのコピーを作成できます。コピーには異なる URL が指定されます。また、それを共同編集者と再共有する必要があります。ただし、ドライブで作成され、[ファイル] メニューからコピーされたファイルの場合は除きます。
  • Google マップのファイルのオーナー権限は譲渡できません。

譲渡の準備

移行するファイルの数を問わず、オーナーを変更する際はまず次のことを行います。

  1. 代わりに、ファイルを共有ドライブに移動することを検討します。共有ドライブ内のファイルはすべて、組織によって共同で所有されます。あるメンバーが離職したり、削除されたりした場合でも、他のメンバーは引き続きファイルにアクセスできます。詳しくは、既存のコンテンツを共有ドライブに移動するをご覧ください。
  2. 現在のユーザーが Google Workspace サービスで訴訟のための記録保持(リティゲーション ホールド)の対象になっていないことを確認します。ドライブのデータが記録保持の対象でない場合でも、Gmail などの別のサービスのためにデータが保持される場合、データ移行は許可されません。
  3. 新しいオーナーのストレージ使用量を調べて、十分な空き容量があることを確認します。必要に応じて、複数のユーザー間でファイルを再度割り当てるか、そのユーザーの保存容量の上限を引き上げます

1 つのファイルを移管する

個々のファイルのオーナー権限を移行するには、次のような方法があります。

  1. オーナーがまだ組織内のアクティブ ユーザーである場合は、オーナー権限を譲渡するようにオーナーに依頼できます。詳しくは、ファイルのオーナーを他のユーザーにするをご覧ください。
  2. オーナーが誰なのかわからない、オーナーのアカウントがアクティブではない、オーナーを巻き込みたくないといった場合は、セキュリティ調査ツールでオーナーを変更するか、Google Drive API を使用します。

ユーザーのすべてのファイルを移管する

現在のオーナーのアカウントが有効な状態でオーナー権限を譲渡する方法は、次のとおりです。現在のオーナーのアカウントを削除する予定の場合は、ユーザーを削除する際にそのユーザーのファイルのオーナー権限を譲渡できます。詳しくは、組織からユーザーを削除するをご覧ください。

はじめに

  1. 現在のオーナーのアカウントを停止します。このアクションにより、移管中は新しいコンテンツを作成または移動できなくなります。詳しくは、ユーザーを一時的に停止するをご覧ください。
  2. 新しいオーナーのアカウントがアクティブであることを確認します。 停止中または削除済みのアカウントにオーナー権限を譲渡することはできません。必要に応じて、最近削除したユーザーを復元するか、停止中のユーザーを再開してください。
  3. ファイルの階層構造が、オーナーが変わっても以前のまま保たれるようにします。その階層に他にもオーナーがいる場合は、ファイルを個別に移管する必要があります。
  4. 新しいオーナーに、移管中は各自のドライブにファイルを追加しないよう伝えてください。
  5. ゴミ箱内のファイルを移管する必要がある場合は、ゴミ箱の外にファイルを移動します。ゴミ箱内のアイテムは移管されません。 ユーザーを削除すると、ゴミ箱内の移管されていないファイルも削除されます。
  6. 孤立したファイル(親フォルダのないファイル)を移管する必要がある場合は、次のように操作します。
    1. ドライブを開き、検索ボックスに「is:unorganized owner:user_email_address」と入力します。
    2. 移管するファイルをすべて、ユーザーのマイドライブに移動します。

オーナー権限を移行する

注: 多数のファイルやフォルダのオーナー権限を一度に移行すると、変更が反映されるまでに時間がかかることがあります。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン "" 次に "" [アプリ] 次に [Google Workspace] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [オーナー権限を譲渡] をクリックします。
  4. [オーナー権限を譲渡するユーザー] に現在のオーナーのメールアドレスを入力し、候補が表示されたら該当するユーザーを選択します。
  5. [オーナー権限を受け取るユーザー] に新しいオーナーのメールアドレスを入力し、候補が表示されたら該当するユーザーを選択します。
  6. [ファイルを譲渡] をクリックします。

移管後

  • 移管が完了すると、新しいオーナーと元のオーナー、そして管理者に確認メールが届きます。
  • ファイルのオーナー権限が変更されると、新しいオーナーのマイドライブに、以下のコンテンツが含まれた移行フォルダが作成されます。
    • 元のオーナーのマイドライブから移管されたフォルダとファイル。
    • 元のオーナーがドライブの同期クライアント(パソコン版ドライブなど)を使用していた場合、[移管されたパソコン] フォルダ。
    • 親フォルダが新しいオーナーと共有されていない、元のオーナーのファイルへのショートカット。

    ファイルのオーナー権限が変更されない場合、移管先に新しいフォルダは作成されません。

  • 元のオーナーが所有していたがファイル自体は別のユーザーのマイドライブにあり、そのファイルがあったフォルダは新しいオーナーと共有されていた場合、オーナー権限は移行されますが、ファイル自体は既存のフォルダに残ります。そのようなファイルは移行フォルダに移動せず、ショートカットも作成されません。場合によっては、空の移行フォルダが別途作成されることがあります。
  • 元のオーナーは、管理者によってアカウントが削除されたり、権限を変更されたりしない限り、移管されたファイルを引き続き編集できます。
  • 元のオーナーのアカウントが現在はない場合でも、ファイルの変更履歴からオーナー権限を追跡できます。オーナー権限が最近変わった場合には、ドライブのログイベントにも記録されています。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
73010
false
false