検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

カレンダーへのアクセスの委任

Google カレンダーでは、他のユーザーが自分のカレンダーにアクセスして予定のスケジュール設定や編集を行えるよう指定できます。たとえば、マネージャーが、管理アシスタントにカレンダーへのアクセス権を付与するような場合です。

委任された Google カレンダーは、委任用の特定の編集権限を備えた共有カレンダーです。

カレンダーの委任

代理人がカレンダーでできること/できないこと

代理人は、委任者に代わって次のことを行えます。

  • 予定の招待状に返信する
  • 新しい予定を作成する
  • 既存の予定を変更する
  • カレンダーの共有を管理する(権限が [変更および共有の管理権限] に設定されている場合)

代理人は、予定の変更、予定のキャンセル、招待状への返信など、カレンダーの予定に関する通知を登録することもできます。

代理人は、次のことは行えません。

  • カレンダー アカウントの設定を変更する
  • ゲストを予定に招待するときに連絡先にアクセスする(Gmail が委任されている場合、代理人は連絡先にアクセスできます)
  • カレンダー アカウントで ToDo リストを使用する

カレンダーを委任するには:

  1. http://calendar.google.com/a/your_domain.com でカレンダーにログインします。
  2. 歯車のメニューから [設定] を選択します。
  3. [カレンダー] をクリックします。
  4. カレンダーの [共有] 列で、[このカレンダーを共有] か [共有: 設定を編集](どちらか表示された方)をクリックします。
  5. [特定のユーザーと共有] ボックスに、カレンダーの委任先となるユーザーのメール アドレスを入力します。
  6. [ユーザーを追加] をクリックします
  7. [権限の設定] プルダウン ボックスで、[変更および共有の管理権限] を選択します。
  8. [保存] をクリックします。

カレンダーを委任した後は、代理人が自分のカレンダーにログインしてあなたのカレンダーを管理できます。たとえば、代理人があなたのカレンダーで新しい予定を作成する方法は次のとおりです。

  1. カレンダーにログインします(代理人のカレンダー)。
  2. 委任されたカレンダーが [マイ カレンダー] リストに表示されていることを確認します。
  3. 委任されたカレンダーのプルダウン リストで、[このカレンダーに予定を作成] を選択します。

Carol が Jim にカレンダーを委任する場合、Jim が Carol のカレンダーで予定を作成すると、その予定は Carol のカレンダーで「作成者: Jim」と表示されます。予定の招待状の送り主は Carol ですが、招待状には Carol が管理者、Jim が作成者と記載されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
アカウントにログインする

ご利用の G Suite アカウントのメールアドレスでログインいただくと、アカウント専用のヘルプをご覧いただくことができ、G Suite を使い始める方法について知ることができます。